Google Developers による レーダーチャート (Radar Charts)学習サポート(メモ)

レーダーチャート (Radar Charts)Google Developers
 
Radar Charts - Google Developers

https://developers.google.com/chart/image/docs/gallery/radar_charts?hl=ja
学習サイト 
https://developers.google.com/chart/image/docs/gallery/radar_charts?hl=ja
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=https://developers.google.com/chart/image/docs/gallery/radar_charts%3Fhl%3Dja&prev=/search%3Fq%3Dgoogle%2Bchart%2B%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2580%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2581%25E3%2583%25A3%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588%26espv%3D2%26biw%3D1238%26bih%3D725
//////
上の「学習サイト」のグラフを完成させよ。(Windowrs :「メモ帳」 にソース(プログラム)を記入せよ。
また、下の「ある初心者」のように、WEB上(ブログ内で表現してもよい。 最終的には、WEB上画面で提出してもらいます。)
//////
ある初心者の実験!
///////
完成例

//////
ソース(プログラム)例1
<img src="http://chart.apis.google.com/chart?cht=rs
&amp;chd=t:80,90,95,65,70,80
&amp;chs=300x200
&amp;chls=3,0,0
&amp;chxt=x,y
&amp;chxl=0:|国語|英語|数学|理科|社会|平均|1:|||||
&amp;chm=B,FF990080,0,0,5" />
//////
完成例2

////// 
ソース(プログラム)例2
<img src="http://chart.apis.google.com/chart?cht=r
&amp;chd=t:80,90,95,65,70,80
&amp;chs=300x200
&amp;chls=3,0,0
&amp;chxt=x,y
&amp;chxl=0:|国語|英語|数学|理科|社会|平均|1:|||||
&amp;chd=s:
cefhjkqwrlgYcfgc,
QSSVXXdkfZUMRTUQ,
HJJMOOUbVPKDHKLH,
&amp;chm=
b,224499,0,1,0|
b,FF0000,1,2,0|" />
////// 
日本語 訳でみた場合(雑な日本語訳)
ソースまで翻訳 注意
///////
様々なグラフの例(最終的にいろいろなグラフを学びます)
 
/////

/////

/////

/////

/////

/////

/////

/////

/////
レーダーチャート

//////
このドキュメントでは、グラフAPIを使用してレーダーチャートを作成する方法について説明します。


目次
チャート固有の機能

概要
チャートタイプ ( cht )
系列の色 ( chco )
標準機能

グラフタイトル ( chtt 、 chts )
グラフの凡例のテキストとスタイル ( chdl 、 chdlp 、 chdls )
チャートマージン ( chma )
Axisのスタイルとラベル
可視軸 ( chxt )
軸のレンジ ( chxr )
カスタム軸ラベル ( chxl )
軸ラベル体位 ( chxp )
軸ラベルのスタイル ( chxs )
軸の目盛り ( chxtc )
背景塗りつぶし ( chf )
塗りつぶし ( chf )
グラデーション塗りつぶし ( chf )
ストライプ塗りつぶし ( chf )
グリッドライン ( chg )
ダイナミックマーカー ( chem )
ラインスタイル ( chls )
ライン塗りつぶし ( chm )
シェイプマーカー ( chm )
テキストおよびデータ値マーカー ( chm )
レンジマーカー ( chm=r|R )
ラインマーカー ( chm=D )
データ関数 ( chfd )
概要

レーダーチャートでは、データポイントは、グラフの周りに時計回りに均等に離間描かれている。 点の値は、中心が最小値を表すチャートの中心からの距離として表され、グラフエッジが最大値である。 各シリーズは、チャートの一つの完全な回路として描かれている。 指定したようにチャートは、直線状または曲線でこれらの点を結ぶ。 したがって、レーダーチャートは、本質的にy軸は周​​囲にチャートの中心から行く円形、にラップ線グラフであり、x軸はグラフの周囲で、12から始まり、終わる。 00行。

グラフは均等に等しいセグメントに分割される。 セグメントの数は、これらの2つの値の大きい。

ラベルの数+ 1(によって指定されたchxl 、存在する場合)、 または
データ値の数。
、8つのデータポイントなしラベルをチャートを持っているのであれば、例えば、データ点が45度離れた(360mg / 8)離間される。

あなたは複数の系列がある場合は、ほとんどのポイントとシリーズがカウントされます。 セグメントの最小数は4である; あなたは4つのラベルやデータポイントよりも少ないを持っている場合、チャートは4セグメントにデフォルト設定されます。 あなたは、nはセグメントの数であり、チャート、の完全な回路を作るためのn + 1データ点を必要とする。 より多くのデータポイントはチャートの粒度が増加します。 あなたのデータは、複数回のチャートの周りに行くことは決してありません。

.Aのレーダーチャートは、複数のシリーズをサポートすることができます。 各シリーズは、チャート上のラインです。

説明
タイプのチャートではr 、ポイントが直線で接続されている。

この例では、単一のデータシリーズと、シンプルなレーダーチャートを示している。 値が次第にカタツムリの殻の外観を与える、増加している。

レーダーチャート
CHT = R 
CHD = T:10,20,30,40,50,60,70,80,90
//////
cht=r
chd=t:10,20,30,40,50,60,70,80,90
//////
x軸ラベルがレーダーチャートに含まれている場合には、チャートの周囲のデータポイントの間隔は、ラベルの数、または大きい方のデータ点の数によって決定される。 これらの図の両方において、データ点の数(5個)と同じであるが、最初は少ないラベルを有し、第2の複数の標識を有している。 最初のグラフは、データポイントの数、およびラベルの数に応じて第二に従ってデータの場所を割り当てる。 完全な円を作るために7点を与える、2つ目のグラフは、6つのセグメントを有していることに注意してください。

CHD = T:10,20,30,40,50 
chxl = 0:| 1 | 2 | 3 | 4 
5データ·ポイント、4ラベル付きグラフ。 
5分の360 = 72°の間隔でデータ
//////
chd=t:10,20,30,40,50
chxl=0:|1|2|3|4
Chart with 5 data points, 4 labels.
Data at 360/5=72 degree intervals
//////


CHD = T:10,20,30,40,50 
chxl = 0:| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 
6ラベル、5つのデータポイントをグラフ。 
6分の360 = 60度の間隔でデータ。
//////
chd=t:10,20,30,40,50
chxl=0:|1|2|3|4|5|6
Chart with 6 labels, 5 data points.
Data at 360/6=60 degree intervals.
//////
あなたは、色、線のスタイル、および軸ラベルを追加することによって、レーダーチャートに詳細と明快さを追加することができます。

この例では、2つのデータ系列を有するより複雑なレーダーチャートである。 各データ系列の色がで指定されchcoで説明したように、 シリーズの色 。

線のスタイルはで指定されたchlsに記載されているように、 線のスタイル 。

軸ラベルは、で指定されchxt 、 chxl 、およびchxrに記載されているように、 軸のスタイルとラベル 。 レーダーチャートでは、x軸は、チャートの周囲に円状に描画され、y軸およびR軸はトップにチャートの中心から行く。 t軸は無視されます。 このチャートは、さまざまなコンパスの位置での値を示している可能性があり、x軸のラベル(例えば、風速)が含まれています。

レーダーチャート
chco=FF0000,FF9900 
chls=2.0,4.0,0.0|2.0,4.0,0.0 
chxt=x 
chxl=0:|0|45|90|135|180|225|270|315
chxr=0,0.0,360.0
//////
chco=FF0000,FF9900
chls=2.0,4.0,0.0|2.0,4.0,0.0
chxt=x
chxl=0:|0|45|90|135|180|225|270|315
chxr=0,0.0,360.0
//////
型のチャートにrs 、ポイントが曲線で接続されている。

この例では、前の例と同じパラメータを使用しますが、持ってライン·フィルの両方のデータ系列に指定されています。

この例では、含まれるグリッド線を 。

ラインフィルとレーダーチャート
CHG = 25.0,25.0,4.0,4.0 
chmファイル= 
B、FF000080,0,1.0,5.0 | 
B、FF990080,1,1.0,5.0
//////
chg=25.0,25.0,4.0,4.0
chm=
B,FF000080,0,1.0,5.0|
B,FF990080,1,1.0,5.0
//////
レーダーチャートでは、水平線マーカーは円形に曲げられており、ここに示すように垂直線マーカーは、中心から外側に放射する。

chm=h,0000FF,... -ダークブルーサークル。 水平線形状マーカーはレーダーチャート上で円を作る方法に注意してください。
chm=V,00FF0080,... - 6:00で緑の線。
参照図形マーカーを利用できる形状の詳細については。

レーダーチャート
chmファイル= 
H、0000FF、0,1.0,4.0 
V、00FF00,0,4.0,5.0
//////
chm=
h,0000FF,0,1.0,4.0
V,00FF00,0,4.0,5.0
//////

//////
トップに戻る

チャートタイプ( cht )

レーダーチャートの2つのタイプがあります。直線チャートは( cht=r )の曲線グラフ( cht=rs )。

パラメーター 説明
R
タイプのチャートではr 、ポイントが直線で接続されている。

レーダーチャート
CHT = R 
CHD = T:10,20,30,40,50,60
//////
cht=r
chd=t:10,20,30,40,50,60
//////
RS チャートタイプrs曲線と点を結ぶ。 レーダーチャート
CHT = RS 
CHD = T:10,20,30,40,50,60,70,80,90
トップに戻る
//////
cht=rs
chd=t:10,20,30,40,50,60,70,80,90
//////
ここまで、雑な実験
//////
系列の色chco

必要に応じて使用して線の色を指定chcoパラメータを。

構文

  CHCO = <COLOR_1>、...、<color_n> 
< 色 >
1つまたは複数の線の色を指定しRRGGBB進数形式 、カンマで区切られた。 色よりも多くの行がある場合、余分な行意志最初からカラーリストを巡回。
標準機能

このページの残りの機能は、標準的なチャート機能です。

チャートタイトルchtt 、 chts [ すべてのグラフ ]

あなたのチャートのタイトルテキスト、色、フォントサイズを指定することができます。

構文

  chttの= <chart_title>
 chts = < 色>、<FONT_SIZE>、<opt_alignment> 
chtt -グラフのタイトルを指定します。

<chart_title>
チャートの表示するタイトル。 これが表示される場所を指定することはできませんが、必要に応じてフォントのサイズと色を指定することができます。 スペースを示すために+記号を使用し、パイプ文字( |改行を示すため)。
chts [ オプション ] - [色とフォントサイズchttパラメータ。

<色 >
タイトルの色、 RRGGBB進数形式 。 デフォルトの色は黒です。
<FONT_SIZE>
ポイント単位タイトルのフォントサイズ。
<opt_alignment>
タイトルの[ オプション ]整列。 次の大文字と小文字を区別した文字列値のいずれかを選択します。「L」(左)、 "C"(中央)「R」(右) デフォルトは「C」である。

説明
タイトルチャート、デフォルトの色やフォントサイズを使用する。

プラス記号(とスペースを指定してください+ )。

(パイプ文字使用|改行を強制する)。

chtsここで指定されていません。


タイトル付き垂直バーチャート
+月別chttの=サイト+訪問者+ | 
+ 7月まで1月+
////
chtt=Site+visitors+by+month|
January+to+July
////
青、右詰め、20ポイントのタイトルを持つグラフ。

青、20ピクセル、タイトル垂直バーチャート

chttの=サイト+訪問者
chts = FF0000,20、R
////
chtt=Site+visitors
chts=FF0000,20,r
////
トップに戻る

グラフの凡例のテキストとスタイルchdl 、 chdlp 、 chdls [ すべてのグラフ ]

凡例は各シリーズの小さなテキスト記述を与えるチャートの側断面である。 この凡例に各シリーズに関連付けられたテキストを指定し、チャート上にそれが現れる場所を指定することができます。

も参照してくださいchma凡例の周りに余白を設定する方法については、。

文字列値に関する注意:専用のURLセーフな文字はラベル文字列で許可されています。 安全のためには、URLエンコードが必要がありません文字の文字を含むすべての文字列が設定され0-9a-zA-Z 。 あなたには、URLエンコーダを見つけることができるGoogleの可視化ドキュメント 。

構文

  chdl = <data_series_1_label> | ... | <data_series_n_label>
 chdlp = <opt_position> | <opt_label_order>
 chdls = < 色 >、< サイズ > 
chdl -各シリーズのテキストは、凡例に表示されます。

<data_series_label>
凡例のテキスト。 各ラベルは内の対応するシリーズに適用されるchd配列。 スペース+マークを使用してください。 このパラメータを指定しない場合は、グラフの凡例を得ることはありません。 ラベル内の改行を指定する方法はありません。 伝説は、一般的にあなたの凡例テキストを保持するために展開され、グラフエリア、凡例に対応するために縮小されます。
chdlp - [ オプション ]伝説の位置、凡例エントリの順序。 あなたは、< 位置 >、および/ ​​または<label_order>を指定することができます。 両方を指定すると、バーの文字で区切ります。 あなたは空の凡例たい場合は、任意の値に's'を追加することができchdl凡例にスキップする。 例: chdlp=bv 、 chdlp=r 、 chdlp=bv|r 、 chdlp=bvs|r

<opt_position>
[ オプション ]、チャートの凡例の位置を指定します。 凡例とグラフエリアまたは画像境界との間に追加のパディングを指定するには、使用chmaパラメータを。 次の値のいずれかを選択します。
b -レジェンドチャートの下部に、横一列に凡例エントリ。
bv -グラフの下部にある伝説、垂直列内の凡例。
t -グラフの上部にある伝説、水平行の凡例。
tv -グラフの上部にある伝説、垂直列内の凡例。
r -グラフの右側にある[ デフォルト ]凡例、垂直列内の凡例。
l -グラフの左側の伝説、垂直列内の凡例。
<opt_label_order>
[ オプション ]ラベルは凡例に示されている順序は。 次の値のいずれかを選択します。
l -に与えられた順序で表示ラベル[ 垂直伝説のデフォルト ] chdl 。
r -に与えられた逆の順序でラベルを表示chdl 。 これは凡例を表示するために積み重ねられた棒グラフに便利です 
同じ順序でバーが表示される。
a - [ 水平伝説のデフォルト ]自動発注:約10画素ブロックで測定して、最短まず、長さによるソートを意味します。 二つの要素が同じ長さ(10ピクセルのブロックに分割)である場合には、最初にリスト1は、最初に表示されます。
0,1,2... -カスタムラベルの順番。 これはからゼロベースのラベルインデックスのリストですchdlカンマで区切って、。
chdls - [ オプション ]凡例テキストの色やフォントサイズを指定します。

< 色 >
凡例のテキストの色、 RRGGBB進数形式 。
< サイズ >
凡例のテキストのポイントサイズ。

説明
伝説の2つの例。 あなたのデータ系列と同じ順序で凡例テキストを指定します。

マッチングの伝説と、赤、青、緑の折れ線グラフ

chdl =ナスダック| FTSE100 | DOW 
CHCO = FF0000,00FF00,0000FF

////
chdl=NASDAQ|FTSE100|DOW
chco=FF0000,00FF00,0000FF
////

大きな円で囲まれた2小さい方の円とベン図


chdl =最初|セカンド|サード
CHCO = ff0000,00ff00,0000ff
////
chdl=First|Second|Third
chco=ff0000,00ff00,0000ff
////
最初のグラフは、(水平凡例を示していchdlp=t 、デフォルトのレイアウトが水平である)であり、第2は、底部の垂直凡例を示しています( chdlp=bv )。

大きな円で囲まれた2小さい方の円とベン図 
chdl =最初|セカンド|サード
CHCO = ff0000,00ff00,0000ff 
chdlp = T
/////
chdl=First|Second|Third
chco=ff0000,00ff00,0000ff
chdlp=t
/////

大きな円で囲まれた2小さい方の円とベン図 
chdl =最初|セカンド|サード
CHCO = ff0000,00ff00,0000ff 
chdlp = BV

////
chdl=First|Second|Third
chco=ff0000,00ff00,0000ff
chdlp=bv
////

この例では、フォントサイズを変更することを実証する。
大きな円で囲まれた2小さい方の円とベン図 
chdls = 0000CC、14
////
chdls=0000CC,14
////
トップに戻る

チャート余白chma [ すべてのグラフ ]

あなたは、ピクセル単位で、チャートのマージンのサイズを指定することができます。 マージンは、指定されたチャートの大きさ(から内側に計算されchs ); 必要に応じて余白サイズを大きくすると、総チャートサイズを増やすのではなく、グラフの面積を縮小していない。

マージンは、グラフのサイズが計算された後に残っているどのようなデフォルトである。 このデフォルト値は、グラフの種類によって異なります。 指定した余白が最小値である; チャート領域が余白の余地があれば、余白サイズが残されているどのようなことでしょう。 あなたはどんな伝説やラベルに必要なものよりもマージンが小さく絞ることはできません。 ここでは、グラフの基本的な部分を示す図は次のとおりです。

チャートマージン、凡例領域、およびグラフ領域
グラフの余白は、軸ラベルや凡例領域が含まれる。 凡例領域は、使用しても大きな幅を指定しない限り、正確にテキストに合わせて自動的にサイズ変更さchma 、より小さいグラフエリアを絞る、広い余白サイズを拡大していきます、その場合は、。 あなたが小さすぎるサイズを指定することで、凡例をトリミングすることはできませんが、それは必要以上にはより多くのスペースを占有することができます。

ヒント:バーは固定サイズ(デフォルト)を持っている場合、棒グラフでは、グラフ領域の幅を小さくすることができません。 あなたが使用してより小さなまたはサイズ変更バーのサイズを指定する必要がありますchbh 。

構文

  CHMA =
   <left_margin>、<right_margin>、<top_margin>、<bottom_margin> | <opt_legend_width>、<opt_legend_height> 
<left_margin>、<right_margin>、<top_margin>、<bottom_margin>
ピクセル単位でグラフ領域の周りの最小余白サイズ、。 グラフの境界に衝突から軸ラベルを防ぐためにいくつかのパディングを含めるには、この値を増やします。
<opt_legend_width>、<opt_legend_height>
ピクセル単位での伝説の周りの余白の[ オプション ]幅です。 凡例がグラフエリアや画像のエッジと衝突を避けるために使用します。

説明
この例では、チャートはそれぞれの側に30ピクセルの最小マージンを持っています。 グラフの凡例が30以上のピクセルの幅であるため、右側のマージンは、グラフの凡例の幅に設定され、他のマージンとは異なります。

軸ラベルはプロットエリアの外にあるため、マージン空間内に描画されます。

灰色の背景とそれぞれの側に余裕を持った折れ線グラフ。
CHMA = 30,30,30,30
//////
chma=30,30,30,30
//////
伝説の周りに余白を追加するには、値を設定< opt_legend_width >と< opt_legend_height >パラメータ。

この例では、凡例は約60画素幅である。 あなたが設定した場合は< opt_legend_width > 80ピクセルに、マージンは伝説の外側20ピクセルにも及ぶ。

灰色の背景とそれぞれの側に余裕を持った折れ線グラフ。
CHMA = 20,20,20,30 | 80,20
//////
chma=20,20,20,30|80,20
//////
トップに戻る

Axisのスタイルとラベル[ ライン、バー、グーグル-O-メーター、レーダー、散布図 ]

あなたは、チャートに表示する軸を指定し、それらをカスタムラベルや位置、範囲、およびスタイルを与えることができます。

はありませんすべてのチャートは、デフォルトでは軸線を表示。 あなたが使用して表示する必要があり、グラフ軸を正確に指定することができますchxtパラメータを。 デフォルトの軸線は、番号が表示されません。 あなたは、軸を指定しなければなりませんchxt番号を表示するパラメータ。

あなたの軸はデータ値を反映した数値を表示するかを選択するか、カスタムの軸を指定することができます。 デフォルトは0〜100の範囲にスケーリングされた値で、数値を表示することです。 ただし、使用してその範囲を変更することができますchxr使用して(例えば、通貨記号や小数点以下の桁を表示するために)任意の範囲を表示するには、あなたが値をスタイルできchxs 。

あなたは、たとえば、カスタム値を使用することを選択した場合:「月、火、水」は、使用することができますchxlパラメータを。 軸に沿って特定の場所に、これらのラベルを配置するには、使用chxpパラメータを。

最後に、使用することができchxsとchxtc色、サイズ、配置、およびカスタムおよび数値軸ラベルの両方の他のプロパティを指定するためのパラメータを。

文字列値に関する注意:専用のURLセーフな文字はラベル文字列で許可されています。 安全のためには、URLエンコードが必要がありません文字の文字を含むすべての文字列が設定され0-9a-zA-Z 。 あなたには、URLエンコーダを見つけることができるGoogleの可視化ドキュメント 。

このセクションでは、次のトピックについて説明します。

可視軸 ( chxt ) -表示するように軸。
軸の範囲 ( chxr ) -各軸の値の範囲。
カスタム軸ラベル ( chxl ) -カスタム値は、軸上に表示されます。
軸ラベルの位置 ( chxp ) -各軸に沿ったカスタムラベルの配置。
Axisのラベルスタイル ( chxs ) -軸ラベルの色、サイズ、配置、および書式設定。
軸の目盛りのスタイル ( chxtc ) -特定の軸の目盛りの長さ。
可視軸chxt

棒グラフ、折れ線、レーダー、および散布図は、デフォルトで1つまたは2つの軸のラインを示しているが、これらの行は値が含まれていません。 あなたの軸のライン上の値を表示するには、または軸が示されている変更するには、使用する必要がありますchxtパラメータを。 あなたが明示的に使用してそれらを拡張しない限り、デフォルトでは、軸の値は、0〜100の範囲でchxrのプロパティを。 折れ線グラフのすべての軸のラインを非表示にするには、指定:ndaチャート式の値の後にchtパラメータ(例:= CHT lc:nda )。

左と右の軸はそれらを表示しながら行うデフォルトでは、上部と下部の軸は、値で目盛りを表示しません。 あなたが使用してこの動作を変更することができchxsパラメータを。

構文

  chxt =
   <axis_1>
     、...、
   <axis_n>
< 軸 >
軸は、チャートに表示されます。 使用可能な軸は、次のとおりです。
x -ボトムx軸
t -トップx軸[ グーグルオメーターによってサポートされていません ]
y -左y軸
r -右y軸[ グーグルオメーターによってサポートされていません ]
次の例のように、同じタイプの複数の軸を指定することができます。 cht=x,x,y 。 これはグラフの下部に沿ってX軸の2セットをスタックします。 数値(以下の例を参照)を示して軸に沿ってカスタムラベルを追加するときに便利です。 軸はあなたがしているので、もし、内部から引き出されx,x 、最初のxは、最も内側のコピーを指し、次のxは、次の外側にコピーを指し、など。


説明
この例では、x軸、y軸、上軸(t)と右軸(r)を有する線グラフを示している。

ラベルなしが指定されていないので、すべての軸の0から100の範囲に合わせてグラフをデフォルトとします。

デフォルトでは、上部と下部の軸がラベルで目盛りを示さないことに注意してください。

ラベル付きの折れ線グラフ:0、20、40、60、80、100、左右およびラベル上の:0、25、50、75、および100の上下
chxt =のx、y、R、T
//////
chxt=x,y,r,t
//////
あなたは、複数回同じ値を含めることによって、各軸のラベルの複数のセットを含むことができる。 この例では、xの二組とy軸の二組を示している。 唯一のデフォルトの軸ラベルを使用している場合、ここで示されているように、これは特に有用ではありません。 しかし、あなたが使用して、各軸のコピーごとにカスタムラベルを指定することができchxlパラメータを。

chxt =のx、のx、y、yの
chxt=x,x,y,y

chxt = X、X、Y、Y 
chxl = 
1:|凍結|ホット| 
3:|低|高
/////
//////
chxt=x,x,y,y
chxl=
  1:|Freezing|Hot|
  3:|Low|High
/////
//////
この例では、x軸、y軸、上部t軸、及び右r軸と水平バーチャートを示す。

グラフAPIは、x軸およびt軸は0〜100を表示するように軸ラベルは、省略されている。

y軸およびr軸の範囲は小節の数によって決定される。 グラフAPIは、最初のラベルは、最初のバーの基部を中心とする0〜4の範囲を表示するので、この場合には、5本のバーが存在する、第二の標識は、2番目のバーの基部を中心とし、 。

ラベル付きの折れ線グラフ:0、20、40、60、80、100、左右およびラベル上の:0、25、50、75、および100の上下
chxt =のx、y、R、T
//////
chxt=x,y,r,t
//////

あなたが指定して、折れ線グラフのデフォルトの軸を抑制することができ:ndaグラフの種類の後に。 隠された軸を持つ折れ線グラフ
CHT = LC:NDA
//////
cht=lc:nda
//////
トップに戻る

軸レンジchxr

あなたはフィードバックサイトパラメータを使用して、独立して、各軸に表示される値の範囲を指定することができます。 これはチャート要素のスケール、軸ラベルの唯一のスケールを変更しないことに注意してください。 あなたがしたい場合は、軸数は、それぞれ、データ·フォーマット範囲の下限と上限の値に<start_val>と<end_val>設定されている実際のデータ値を、説明します。 参照Axisはスケーリングの詳細は、。

あなたが使用して軸を見えるようにしなければならないchxtあなたは、その範囲を指定する場合は、パラメータを。

カスタム軸の値を指定するには、使用chxlパラメータを。

構文

(パイプ文字で区切り、複数の軸ラベルの範囲| )。

 フィードバックサイト
   <axis_index>、<start_val>、<end_val>、<opt_step>
     | ... |
   <axis_index>、<start_val>、<end_val>、<opt_step>
<axis_index>
どちらにラベルを適用するために、軸。 これはで指定された軸配列へのゼロベースのインデックスですchxt 。 例えば、r軸は1となるchxt=x,r,y 。
<start_val>
この軸の低い値を定義する番号。
<end_val>
この軸の高い値を定義する番号。
<opt_step>
軸の目盛りの間にカウントステップ(オプション)。 デフォルトのステップ値はありません。 ステップはうまく離間ラベルのセットを表示しようとすると計算される。

説明
この例では、左と右のy軸(示しy及びr )一x軸( x )。

各軸が定義された範囲を持っています。 全くラベルや位置が指定されていないので、値が与えられた範囲から取られ、均等にその範囲内に配置されている。 折れ線グラフでは、値が均等にx軸に沿って広がっている。

軸方向をr軸(インデックス逆転される2最初の値(ので、) 1000 )最後の値(より大きい場合0 )。


chxt = X、Y、R 
フィードバックサイト
0,0,500 | 
1,0,200 | 
2,1000,0


/////
重要
/////
chxt=x,y,r
chxr=
  0,0,500|
  1,0,200|
  2,1000,0

/////

この例では、値は、x軸に対して指定されている。

軸ラベルを均等に軸に沿って配置されている。 5(の値5 )<opt_step>パラメータに指定されている。

X軸上の200,300、および400と棒グラフ chxt = X 
フィードバックサイト0,10,50,5
/////
重要
chxt=x
chxr=0,10,50,5
////

トップに戻る

カスタムAxisは、ラベルchxl

あなたが使用して、任意の軸上のラベル軸カスタム文字列を指定することができchxlパラメータを。 あなたが好きなだけのラベルを指定することができます。 あなたは(使用して軸を表示する場合chxtパラメータ)とカスタムラベル、規格が指定されていない、数値ラベルが適用されます。 カスタム数値の範囲を指定するには、使用するchxrパラメータを代わりに。

あなたのラベルの軸に沿って特定の場所を設定するには、使用chxpパラメータを。

構文

ラベルを付ける軸ごとに設定された1つのパラメータを指定してください。 (パイプ文字使用してラベルのセパレート複数のセット| )。

  chxl =
   <axis_index>:| <label_1> | ... | <label_n>
     | ... |
   <axis_index>:| <label_1> | ... | <label_n>
<axis_index>
どちらにラベルを適用するために、軸。 これはへのインデックスですchxtパラメータ配列。 あなたがいる場合は、 chxt=x,x,y,y 、インデックス0は最初のx軸であるように、1は、第2のx軸であろう。
<label_1> | ... | <label_n>
この軸に沿って配置するための1つ以上のラベル。 これらは文字列または数値であることができます。 文字列は引用符である必要はありません。label_1は軸上の最も低い位置に表示され、label_n最も高い位置に表示される。 付加的なラベルは、均等にそれらの間に配置されている。 +の付いたスペースを指定します。 ラベル内の改行を指定する方法はありません。 パイプ文字で区切り、ラベル注意:最終的なラベルの後にパイプを設置しないでくださいchxlパラメータ。

説明
このチャートは、2つの軸にカスタムラベルを追加する方法を示しています。 値が均等に配置されている方法に注意してください、そしてどのように最後のchxl値は、パイプで終わっていない。

x軸および2005年、2006年および下記の2007年のラインの左側の0から100で、チャートは、A、B、Cの右側に、月、7月、月、7月、およびヤン
chxt = X、Y 
chxl = 
0:|月| 2月|月| 4月|月| 
1:|チャンミン|ミッド|マックス

/////
重要
/////
chxt=x,y
chxl=
0:|Jan|Feb|March|April|May|
1:|Min|Mid|Max

/////


この例では、左右のy軸(上の軸ラベルが含まyとr )。 また、x軸(値の二組が含まx )。 あなたが使用してy軸に目盛りを追加することを検討できたchxs 。

x軸および2005年、2006年および下記の2007年のラインの左側の0から100で、チャートは、A、B、Cの右側に、月、7月、月、7月、およびヤン
chxt = X、Y、R、X 
chxl = 
0:|月| 7月|月| 7月|月| 
1:| 0 | 50 | 100 | 
2:| A | B | C | 
3:| 2005 | 2007 | 2006
//////
重要
//////
chxt=x,y,r,x
chxl=
0:|Jan|July|Jan|July|Jan|
1:|0|50|100|
2:|A|B|C|
3:|2005|2006|2007
//////

この例では、左右のy軸(上の軸ラベルが含まyとr )。 また、x軸(値の二組が含まx )。 値離れて空間に用いられる下、x軸のセットのための空のラベルを、注意してください。

この例では、左側のy軸上の軸ラベルのデフォルト値を使用しています。

左側の0〜100と棒グラフは、A、B、Cの右側に、月、7月、月、7月、および月x軸および2005年、2006年および2007年における以下の
chxt = X、Y、R、X 
chxl = 
0:|月| 7月|月| 7月|日| 
2:| A | B | C | 
3:| 2005 || 2006 || 2007
/////
重要
//////
chxt=x,y,r,x
chxl=
0:|Jan|July|Jan|July|Jan|
2:|A|B|C|
3:|2005||2006||2007
/////
あなたが(一方の軸「コスト」と別の「生徒」を標識するために、例えば)全体の軸を記述するための一般的なラベルを追加したい場合は、使用しchxtその後、それぞれの側に付加軸を追加使用するようにプロパティをchxl追加する単一のカスタムそれぞれの側にラベル、およびchxp軸の真ん中にスペースに。


chxt = X、X、Y、Y 
chxl = 1:|マティーニ| 3:|スコア
chxp = 1,50 | 3,50

/////
重要
//////
chxt=x,x,y,y
chxl=1:|Martinis|3:|Score
chxp=1,50|3,50
/////


トップに戻る

軸ラベル体位chxp

あなたが使用して指定されたデフォルトのラベルまたはカスタムラベルを使用しているかどうか、表示するためにどの軸のラベルを指定できますchxl 。 このパラメータを使用して正確な位置を指定しない場合は、ラベルが均一かつ軸に沿ってデフォルトのステップ値で配置されます。 指定しない場合はchxl 、そして目盛りラベルは、デフォルト値(通常はデータ値、あるいは棒グラフでの小節番号)となります。

構文

(パイプ文字で区切り複数の位置決めセット| )。

  chxp =
   <axis_1_index>、<label_1_position>、...、<label_n_position>
     | ... |
   <axis_m_index>、<label_1_position>、...、<label_n_position>
<axis_index>
あなたが位置を特定しているために軸。 これはへのインデックスですchxtパラメータ配列。 あなたがいる場合は、 chxt=x,x,y,y 、インデックス0は最初のx軸であるように、1は2番目のx軸である、となる。
<label_1_position>、...、<label_n_position>
軸に沿ったラベルの位置。 これは、各値は、対応するラベルの位置を設定する場合、数値のカンマ区切りリストですchxl配列:最初のエントリはのように最初のラベルに適用され、。 位置は内の値であるその軸の範囲 。 あなたが使用してカスタム範囲を指定していない限り、これは常に0〜100になることに注意してchxr 。 あなたは、その軸のラベルを持っているな数のポジションを持っている必要があります。

説明
この例では、チャート上の指定した位置に、R軸のラベルが含まれています。 ラベルテキストを使用して指定されchxlパラメータを。

指定された位置にラベル0 y軸またはr軸の下部に、またはx軸又はt軸の左側に配置される。

指定された位置にラベル100 y軸の上部またはr軸で、またはx軸またはt軸の右側に配置される。

平均分、右側に最大、20、40、60、80、左側の100、0、25、50、75、及びx軸に沿って100と折れ線グラフ
chxt = X、Y、R 
chxl = 2:|分|平均|最大
chxp = 2,10,35,75

//////
重要
//////
chxt=x,y,r
chxl=2:|min|average|max
chxp=2,10,35,75
//////


この例では、デフォルトのラベル値を示したが、唯一、指定された場所で示しています。

chxp=1,10,35,75カスタム·ラベルテキストが指定されていないため、これらの軸の値が表示されている10、35、75: - y軸は3つだけのラベルを表示する必要があります。 あなたが使用するときに等間隔スペースラベルを持っていないことに注目してくださいchxp 。 場合chxpここで指定されていない第2のグラフに示すように、y軸上のデフォルトのラベル値の距離が、すべての20単位となる。

のx軸に沿って10,35、及び左の75,0,25,50,75、及び100と折れ線グラフ

chxt = xとyの
chxp = 1,10,35,75
/////
重要
//////
chxt=x,y
chxp=1,10,35,75
/////
デフォルトの軸位置と折れ線グラフ。
chxt =のx、y 
chxp指定されていません
/////
重要
//////
chxt=x,y
chxp not specified
/////
トップに戻る

軸ラベルのスタイルchxs

あなたは、カスタムラベルとデフォルトのラベル値の両方を軸ラベルのフォントサイズ、色、および配置を指定することができます。 同じ軸上のすべてのラベルが同じフォーマットを持っている。 あなたは軸の複数のコピーがある場合は、異なったそれぞれの書式を設定できます。 また、通貨記号や末尾のゼロを表示するには、たとえば、ラベル文字列の書式を指定することができます。

左と右の軸はそれらを表示しながら行うデフォルトでは、上部と下部の軸は、値で目盛りを表示しません。

構文

(複数軸の値は、パイプ文字を使用して分離されるべきである| )。

  chxs =
 < axis_index >< opt_format_string >,< opt_label_color >,< opt_font_size >,< opt_alignment >,< opt_axis_or_tick >,< opt_tick_color >,< opt_axis_color >
    | ... |
 < axis_index >< opt_format_string >,< opt_label_color >,< opt_font_size >,< opt_alignment >,< opt_axis_or_tick >,< opt_tick_color >,< opt_axis_color >
<axis_index>
これが適用される軸。 これはゼロから始まるインデックスですchxtパラメータ。
<opt_format_string>
[ オプション ]これは、使用される場合には、介入コンマのない軸インデックス番号の直後、オプションのフォーマット文字列です。 それは次の値が続くリテラル文字N、すべてのオプションで始まる: 次のようにフォーマット文字列の構文は次のとおりです。 
N < preceding_text > * < number_type > < decimal_places > ZS < xまたはy > * < following_text > 
ここで、各要素の意味は次のとおりです。
<preceding_text> -各値の前にするリテラル文字列。
*...* -あなたは番号の書式設定の詳細を指定できるリテラルのアスタリスクに包まれたオプションのブロック、。 次の値がサポートされ、すべてのオプションです。
<number_type> -数値の数値書式、。 以下のいずれかを選択します。
f - [ デフォルト ]浮動小数点形式。 <decimal_places>の値と同様に精度を指定することを検討してください。
p -パーセンテージ形式。 %記号が自動的に追加されます。 注意:このフォーマットを使用する場合は、データ値を0.0から0 - 1.0地図- 100%(例えば、0.43は43%と表示されます)。
e -科学的表記形式。
c< CUR > -適切な通貨マーカーで、指定された通貨に数値をフォーマットします。 交換してください< CUR > 3文字の通貨コードで。 例: cEURユーロのために。 あなたは、上のコードのリストを見つけることができ、ISOのWebサイトをしないすべてのシンボルがサポートされているが、。
<decimal_places> -表示するどのように多くの小数点以下の桁を指定する整数。 値は、この長さに(切り捨てしない)丸 ​​められます。 デフォルトは2です。
z - 。表示後続ゼロ既定値はnoです 。
s - 。表示グループセパレーターデフォルトはNOです 。
xまたはy x軸からのデータ-表示または指定されているように、y座標。 xデータの意味は、チャートタイプによって異なります。チャートを用いた実験は、それが何を意味するかを決定するためにデフォルトでは'Y'です 。
< following_text > -各値に追従するリテラルテキスト。
<opt_label_color>
で、軸のテキスト(ただし、軸線)に適用するカラーRRGGBB進数形式 。 軸線の色はopt_axis_colorを使用して個別に指定されている。 デフォルトは灰色です。
<opt_font_size>
[ オプション ]ピクセル単位でフォントサイズを指定します。 このパラメータはオプションです。
<opt_alignment>
[ オプション ]ラベルの整列。 上部または下部の軸の場合、これは、ラベルがその上または下の目盛りに揃え方法について説明します。 左または右の軸の場合、これは軸と接する境界ボックスの内側にどのように整列を説明しています。 次の番号のいずれかを指定します。
-1 - トップまたはボトム :ラベルは、ダニの右にある、 左または右 :ラベルは左揃えにされ、それらの領域にr軸ラベルのデフォルト。
0 - トップまたはボトム :ラベルがティックを中心とされ、 左または右 :ラベルは、その地域に集中しているx軸、t軸のラベルのデフォルト。
1 - トップまたはボトム :ラベルがティックの左側にある、 左または右 :ラベルは、その地域に右揃えであるy軸のラベルのデフォルト。
<opt_axis_or_tick>
[ オプション。 この軸の目盛りと/または軸線を表示するかどうかをGoogleのオメーター ] でサポートされていません 。 目盛りと軸線が最も内側の軸に対してのみ使用できます(例えば、それらは、2つのx軸の外側ではサポートされません)。 次の値のいずれかを使用します。
l (小文字の'L') -唯一の軸線を引きます。
t -目盛りだけを描画します。 目盛りは、軸ラベルの隣に小さな線です。
lt - [ デフォルト ]軸線の両方を描画し、すべてのラベルのための目盛り。
_ - (アンダーバー)のいずれも軸線を描画したり目盛り。 あなたが軸線を非表示にしたい場合は、この値を使用します。
<tick_color>
[ オプション。 グーグルオメーターでサポートされていない ]のチェックマークの色、中RRGGBB進形式 。 デフォルトは灰色です。
<opt_axis_color>
[ オプション ]で、この軸線の色、 RRGGBB進数形式 。 デフォルトは灰色です。

説明
フォントサイズや色が第2のx軸(1月、2月、3月)に指定されている。

以下の青色の線はx軸と1月、2月に沿って100の平均分、左側の最大値、0、1、2、3、右側4,0と、チャート、およびマル

chxt = X、Y、R、X 
フィードバックサイト2,0,4 
chxl = 3:|月| 2月|月| 
1:|分|平均|最大
chxp = 1,10,35,75 
chxs = 3,0000DD、 13.0、T


//////
重要
//////
chxt=x,y,r,x
chxr=2,0,4
chxl=3:|Jan|Feb|Mar|
     1:|min|average|max
chxp=1,10,35,75
chxs=3,0000DD,13,0,t
//////
フォントサイズ、色、及び位置合わせは、右のy軸に指定されている。 マークが、ない軸線にチェックを入れ、描かれています。

x軸に沿って0から100で、折れ線グラフ、1月、2月、下の月、y軸上の0〜4、右側の分、平均および最大のための青文字の赤い目盛り。

chxt = X、Y、R、X 
chxl = 3:|月| 2月|月| 
2:|分|平均|最大
chxp = 2,10,35,95 
chxs = 2,0000DD、13、-1、T、 FF0000
//////
重要
//////
//////
chxt=x,y,r,x
chxl=3:|Jan|Feb|Mar|
     2:|min|average|max
chxp=2,10,35,95
chxs=2,0000DD,13,-1,t,FF0000

//////

このチャートは、3つのデータセットが含まれており、軸ラベルの3つのセット、シリーズごとに1つを示している。 ここで説明するように、ラベルの各セットは、カスタム書式文字列を使用してフォーマットされています。

0Nの* eを、000000 |
0最初のデータ系列を意味し、
Nフォーマット文字列を意味し、
*書式指定子の開始を意味します
e 、科学的表記法を意味する
*書式指定子の終わりを意味します
000000黒のテキストを意味します。
1N * CUSD *ミル、FF0000 |
1第二の一連を意味
Nフォーマット文字列を意味し、
*書式指定子の開始を意味します
c通貨のマーカーを意味する
USD 、使用する通貨のマーカーとして、米ドルを指定します
*書式指定子の終わりを意味します
Milリテラル次の文字列である
FF0000赤のテキストを意味します。
2N * SZ2 *、0000FF
2第三のシリーズを意味し、
Nフォーマット文字列を意味し、
*書式指定子の開始を意味します
s (米国英語ロケールで、それはすべての3ゼロコンマです)指定子をグループ化することを示すために意味
z2の手段は2つの末尾ゼロを表示
0000FF青のテキストを意味します。
軸ラベルの範囲を使用して設定されているchxrパラメータ(axis_index、開始 、 終了 、 ステップ ) を 。 設定されていない場合は、デフォルトでは0〜100だったでしょう。


chd=s: 
984sttvuvkQIBLKNCAIi, 
DEJPgq0uov17zwopQODS, 
AFLPTXaflptx159gsDrn 
chxr= 
0,0,1000000,250000| 
1,0,60| 
2,0,5000 
chxs= 
0N*e,000000| 
1N*cUSD*Mil,FF0000| 
2N*sz2*,0000FF

//////
重要(バブル図)
//////
chd=s:
  984sttvuvkQIBLKNCAIi,
  DEJPgq0uov17zwopQODS,
  AFLPTXaflptx159gsDrn
chxr=
  0,0,1000000,250000|
  1,0,60|
  2,0,5000
chxs=
  0N*e,000000|
  1N*cUSD*Mil,FF0000|
  2N*sz2*,0000FF
//////

トップに戻る

軸の目盛りマークスタイルchxtc

あなたは、特定の軸の長い目盛りを指定することができます。 通常、これは、チャートの長さにわたって目盛りを拡張するために使用される。 使用chxs目盛りの色を変更するパラメータを。

(複数軸の値は、パイプ文字を使用して分離されるべきである| )。 シリーズ内の値は、カンマで区切る必要があります。

構文

  chxtc =
   <axis_index_1>、<tick_length_1>、...、<tick_length_n>
     | ... |
   <axis_index_m>、<tick_length_1>、...、<tick_length_n> 
<axis_index>
これが適用される軸。 これはゼロから始まるインデックスですchxtパラメータ。 バーの区切り文字を使用して、異なる軸ごとに個別の値。
<tick_length_1>、...、<tick_length_n>
ピクセル単位で、その軸上の目盛りの長さ。 単一の値が与えられた場合、それはすべての値に適用されます。 複数の値が指定された場合、軸の目盛り意志サイクルその軸の値のリストを。 正の値は、グラフ領域の外に引き出され、グラフの枠線によってトリミングされています。 正の最大値は25です。負の値はグラフ領域の内側に描かれ、グラフ領域の境界線によってトリミングされている。

説明
使用例chxtcを長い赤い目盛りを作成する。目盛りの長さは、ここではグラフエリアの幅を超えたが、チャート内に収まるようにトリミングされている。

chxt = X、Y、R、X -左軸、右軸、および2つの下部の軸を表示します。
chxl = 2:|分|平均|最大| 3:|月| 2月|月 - 「R」(右側)と外側のx軸に割り当てられたラベルテキスト。
chxp = 2,10,35,95 - 3つのラベルのためのR軸(インデックス= 2)に沿ったカスタムラベル位置。
chxs = 2,0000dd、13、-1、tは、FF0000 - r軸用の軸ラベルのスタイル:テキストの色、テキストサイズは、赤い目盛りで、左揃え。
chxtc = 1,10 | 2、-180 - Axisはy軸とr軸分の長さをチェック。最初の値は、軸の外に、10ピクセルのロングティックを指定します。第二の値は、軸の内側180ピクセルの長い目盛りを指定します。負の数は、目盛りが軸内部に入ることを意味し、ダニは、グラフの内部に収まるようにトリミングされている。
x軸に沿って0から100で、折れ線グラフ、1月、2月、下の月、y軸上の0〜4、右側の分、平均および最大のための青文字の長い赤い目盛り。

chxt=x,y,r,x 
chxl= 
2:|min|average|max| 
3:|Jan|Feb|Mar 
chxp=2,10,35,95 
chxs= 
2,0000dd,13,-1,t,FF0000 
chxtc=1,10|2,-180

/////
重要
重要
//////
/////
chxt=x,y,r,x
chxl=
  2:|min|average|max|
  3:|Jan|Feb|Mar
chxp=2,10,35,95
chxs=
  2,0000dd,13,-1,t,FF0000
chxtc=1,10|2,-180
/////

このチャートは目盛りの長さを交互に示しています。chxtcが 2目盛りの長さのY軸の値(5,15)、および2つの値の間のチャート交互に描かれたダニを指定します。
chxt = X、Y 
chxtc = 
1,5,15

/////
chxt=x,y
chxtc=
  1,5,15
/////
トップに戻る

背景塗りつぶしCHF [ すべてのチャートを ]

あなたは、グラフのデータ領域および/ ​​または全グラフの背景に色やスタイルを埋める指定することができます。フィルタイプは塗りつぶし、縞模様の塗りつぶし、グラデーションが含まれています。あなたは、(例えば、全体のグラフエリア、または単にデータ領域)の異なる領域ごとに異なる塗りを指定することもできます。グラフエリアの塗りつぶしは、背景の塗りつぶしを上書きします。すべての塗りを使用して指定されたCHFのパラメータを、あなたはパイプ文字で値を分離することによって、同じチャートで異なる充填型(固体、ストライプ、グラデーション)を混在させることができます(|)。チャートエリアは上書きグラフの背景がいっぱいに埋めます。

ソリッドフィルのスイスフラン [ すべてのグラフ ]

あなたは、バックグラウンド、および/ ​​またはグラフエリアの塗りつぶしを指定するか、チャート全体に透明度の値を割り当てることができます。(あなたはパイプ文字使用して複数の塗りつぶしを指定することができます|を)。(マップ:背景のみ)。

構文

CHF = < fill_type >、S、< カラー > | ...
< fill_type >
グラフの一部が満たされている。 次のいずれかの値を指定します。
BG -背景の塗りつぶし
C - Chartエリアを塗りつぶす。マップ·チャートではサポートされません。
A -透明(背景を含む)は、全体のグラフを作成します。の最初の6桁< 色が >無視され、最後の2つ(透 ​​明度値)は、全体のグラフとすべての塗りつぶしに適用されます。
B <インデックス> -バー塗り潰し(棒グラフのみ)。<交換しインデックスをソリッド色で埋めるために一連のバーインデックスに>。効果は指定することと似ているCHCOを棒グラフに。を参照してください。バーグラフの系列の色を例えば。
sの
固体または透明度塗りを示します。
< 色 >
中塗りの色、RRGGBB進数形式。OHPフィルムの場合は、最初の6桁は無視されますが、いずれにせよ含まれている必要があります。

説明
この例では、薄い灰色(とグラフの背景塗りつぶしEFEFEFを)。

黒領域の塗りつぶしレッド折れ線グラフ。

CHF = BG、秒、EFEFEF
////
chf=bg,s,EFEFEF
////
この例では、薄い灰色(とグラフの背景を塗りつぶしEFEFEF)、ブラックのチャート·エリア(塗りつぶし000000)。

黒チャート領域と淡いグレーの背景が赤の折れ線グラフ。

CHF = C、S、000000 | 
BG、秒、EFEFEF
/////
chf=c,s,000000|
bg,s,EFEFEF
/////
この例では、全体のチャート(16進数80は128、または約50%の透明度)が50%の透明度を適用します。チャートを通して示すテーブルセルの背景に注目してください。
青でポイントを散布図、および50%の透明度。

CHF = A、S、00000080
/////
chf=a,s,00000080
/////
トップに戻る
重要
グラデーション
//////
グラデーション塗りつぶしのCHF [ ライン、バー、グーグル-O-メーター、レーダー、散布図、ベン ]

1つまたは複数の勾配がグラフエリアや背景に埋め適用することができます。グラデーション塗りつぶしは別の色に1色からフェードです。(パイ、Googleのオメーターチャート:背景のみ)

各グラデーションの塗りは、角度を指定してから、2つ以上の色が指定された場所に固定。それは別のアンカーから移動するときに色が変化します。あなたが別の<との少なくとも2色持っている必要がありますcolor_centerpoint、一方が他方にフェードことができるように、>値を。それぞれの追加の勾配は、<によって指定された色 >、< color_centerpoint >ペア。

構文

CHF = < fill_type >、LG、< 角度 >、< COLOR_1 >、< color_centerpoint_1 >
    、...、
  < color_n >、< color_centerpoint_n >
< fill_type >
グラフエリアを埋めるために。 次のいずれかです。
BG -背景の塗りつぶし
C - Chartエリアを埋める。
B <インデックス> -バー勾配塗りつぶし(棒グラフのみ)。<交換したインデックスを勾配で埋めるために一連のバーインデックスに>。を参照してください。バーグラフの系列の色を例えば。
LG
グラデーションの塗りを指定します。
< 角度 >
(水平)0〜90(垂直)の勾配の角度を指定する数値。
< 色 >
中塗りの色、RRGGBB進数形式。
< color_centerpoint >
カラー用のアンカーポイントを指定します。色は、別のアンカーに近づくにつれて、この点からフェードを開始します。値の範囲は<によって指定された角度に傾斜、0.0(底部または左端)から1.0(上または右端)にある角度 >。

説明
グラフ領域は、ゼロ度(角度 ​​で指定水平直線勾配、有し0)。

色は桃(あるFFE7C6左側を中心に)、(位置0.0)、青(76A4FBが)右側(位置を中心1.0)。

グラフの背景は灰色(で描画されEFEFEF)。

左から右に青の直線勾配に白く淡い灰色の背景とチャート領域とダークグレー折れ線グラフ

CHF = 
C、LG、0、
FFE7C6,0、 (桃)
76A4FB、1(青)

/////
重要
/////
chf=
  c,lg,0,
  FFE7C6,0,(peach)
  76A4FB,1 (blue)

/////



Chartエリアは、対角45度(角度 ​​で指定された直線勾配、(下右上左)を持つ45)。

ピーチ(FFE7C6は)指定された最初の色です。チャートの左下には、純粋な桃です。

ブルー(6A4FBは)指定された第2色です。グラフの右上には、純粋な青です。私たちは右上隅に向かって消え青のピークを提供するために、0.75のオフセットを指定する方法に注意してください。

グラフの背景は灰色(で描画されEFEFEF)。

下から青い対角線の直線勾配に白く淡い灰色の背景とチャートエリアとダークグレー折れ線グラフは、トップ左から右へ

CHF = 
C、LG電子、45、
FFE7C6,0、 (桃)
76A4FB、0.75(青)
////
重要
////
chf=
  c,lg,45,
  FFE7C6,0, (peach)
  76A4FB,0.75 (blue)
////

グラフ領域が90度(角度 ​​で指定された垂直(上から下)の直線勾配、持つ90)。

ブルー(76A4FBは)指定された最初の色です。グラフの上部には、純粋な青です。

ピーチ(FFE7C6は)指定された第2色です。グラフの下部には、純粋な桃です。

グラフの背景は灰色(で描画されEFEFEF)。

下から上に青の縦の直線勾配に白く淡い灰色の背景とチャートエリアとダークグレー折れ線グラフ

CHF = 
C、LG電子、90、
FFE7C6,0、 (桃)
76A4FB、0.5(青)

////
重要
////
chf=
  c,lg,90,
  FFE7C6,0, (peach)
  76A4FB,0.5 (blue)

////
トップに戻る

ストライプはいっぱいCHF [ ライン、バー、グーグル-O-メーター、レーダー、散布図、ベンを ]

あなたは、ストライプの背景があなたのチャート領域、または全体のグラフの塗りつぶしを指定することができます。(パイ、Googleのオメーターチャート:背景のみ)

構文

 CHF =
  < fill_type >、lsは、< 角度 >、< COLOR_1 >、< width_1 >
    、...、
  < color_n >、< width_n >
< fill_type >
グラフエリアを埋めるために。 次のいずれかです。
BG -背景の塗りつぶし
C - Chartエリア塗りつぶし
B <インデックス> -バーストライプ塗りつぶし(のみ棒グラフ)。<交換したインデックスをストライプで満たされる一連のバーインデックスに>。を参照してください。バーグラフの系列の色を例えば。
lsコマンド
リニアストライプの塗りを指定します。
< 角度 >
y軸に対するすべてのストライプの角度。使用0縦縞または90の横縞のため。
< 色 >
このストライプの色、RRGGBB進数形式。<繰り返し色 >と< 幅をそれぞれの追加ストライプ>。あなたは、少なくとも2つのストライプを持っている必要があります。ストライプ代替チャートが満たされるまで。
< 幅 >
からこのストライプの幅、0に1、1はグラフの全幅である。チャートが満たされるまでストライプスが繰り返される。<繰り返し色 >と< 幅をそれぞれの追加ストライプ>。あなたは、少なくとも2つのストライプを持っている必要があります。ストライプ代替チャートが満たされるまで。

説明
bgを、lsは、0 -バックグラウンドストライプは、y軸(y軸に平行)にゼロ度の角度でストライプ埋める。ストライプは、グラフの背景だけでなく、プロット領域を埋める。
CCCCCC、0.15 -最初のストライプは濃い灰色、同じ幅チャートと15%である。
FFFFFF、0.1 - 2番目のストライプは、同じ幅のチャートの10%が、白である。
左から右に、グレーと白のストライプが交互に青色の折れ線グラフ
CHF = 
BG、lsは、0、
CCCCCC、0.15、
FFFFFF、0.1


/////
重要
////
chf=
  bg,ls,0,
  CCCCCC,0.15,
  FFFFFF,0.1
/////
C、LS、90 - y軸から90度の角度で横縞とChartエリア。ストライプは、プロットエリアを埋めるが、グラフの背景を省略している。
999999,0.25 -最初のストライプは、チャートと25%広い濃い灰色です。
CCCCCC、0.25最初のストライプと同じですが、明るいグレー- 。
FFFFFF、0.25 -最初のストライプと同じですが、白。
濃いグレーブルー折れ線グラフ、下から一番上に、灰色、白と濃いグレーのストライプが淡い
CHF = 
C、LS、90、
999999,0.25、
CCCCCC、0.25、
FFFFFF、0.25
/////
重要
////
chf=
  c,ls,90,
  999999,0.25,
  CCCCCC,0.25,
  FFFFFF,0.25

/////
トップに戻る

グリッド線CHG [ ライン、バー、レーダー、散布図 ]

あなたが使用して、チャート上の固体または点線グリッド線を指定することができCHGのパラメータを。

このパラメータを使用すると、線の太さや色を指定することができません。グラフ全体のラインを作るために、より多くの方法については、以下を参照して形状マーカー(chmファイルのタイプH、H、V、またはV)、レンジマーカー(CHM)と、軸の目盛り(chxtcを)。

構文

 CHG =
  < x_axis_step_size >,< y_axis_step_size >,< opt_dash_length >,< opt_space_length >,< opt_x_offset >,< opt_y_offset >
< x_axis_step_size >、< y_axis_step_size >
チャートに表示する方法を、多くのxまたはyのグリッド線を計算するために使用します。チャート上の100 / step_size =何グリッド線。だから:20,25は、5つの垂直グリッドラインと4水平グリッド線を意味する。
< opt_dash_length >、< opt_space_length >
[ オプション ]破線グリッド線を定義するために使用します。最初のパラメータはピクセル単位で、各ラインのダッシュの長さである。二番目のパラメータはピクセル単位で、ダッシュの間隔である。0 <用に指定しopt_space_length>実線のために。デフォルト値は4,1である。
< opt_x_offset >、< opt_y_offset >
[ オプション ]は、それぞれ、xおよびyグリッド線を相殺するグラフの規模に応じてユニット数は、。正または負の値を指定できます。この値を指定する場合は、先行するすべての値を指定する必要があります。デフォルト値が0,0である。

説明
これらの実施例は、使用する< x_axis_step_size >と< y_axis_step_size >パラメータを。チャートAPIは、デフォルトでは、破線のグリッド線が表示されます。

5垂直方向と水平方向の2淡い灰色の破線のグリッド線を持つ折れ線グラフ
CHG = 20,50
chg=20,50

5垂直方向と水平方向の2淡い灰色の破線のグリッド線を持つ折れ線グラフ

CHG = 20,50
chg=20,50

この例では、軽量化、グリッド線(表示するために、より大きなスペースを使用しています1,5)。

5垂直方向と水平方向の2かすかな、淡い灰色、点線グリッド線を持つ折れ線グラフ 
CHG = 20,50,1,5
chg=20,50,1,5

固体グリッド線を表示するには、指定したゼロ(0)のための< opt_space_length >パラメータ。

このチャートには、10のオフセットをx軸を指定します。

5、垂直方向と水平方向の2淡い灰色の固体グリッド線付き折れ線グラフ


CHG = 20,50,1,0,10


chg=20,50,1,0,10

このチャートは、10および20のオフセットy軸のオフセットをx軸を示しています。

5、垂直方向と水平方向の2淡い灰色の固体グリッド線付き折れ線グラフ


CHG = 20,50,3,3,10,20

chg=20,50,3,3,10,20

トップに戻る

ラインスタイルのChl類 [ ライン、レーダー ]

あなたは線の太さや固/破線のスタイルを指定することができますChl類のパラメータ。このパラメータは、行またはレーダーチャート内の線のスタイルを設定するために使用することができます。あなたは、複合グラフの基本型は、折れ線グラフでない限り、複合グラフの線の線のスタイルを設定するために使用することはできません。

構文

パイプ文字で区切り、複数のラインスタイル(|); 最初のスタイルは、その次に第二、最初の行に適用され、。あなたはラインよりも少ないのスタイルを持っている場合は、デフォルトのスタイルは、すべての未指定の行に適用されます。

 Chl類=
  < line_1_thickness >、< opt_dash_length >、< opt_space_length >
     | ... |
  < line_n_thickness >、< opt_dash_length >、< opt_space_length >
< line_1_thickness >
ピクセル単位で線の太さ、。
< opt_dash_length >、< opt_space_length >
[ オプション ]破線グリッド線を定義するために使用します。最初のパラメータはピクセル単位で、各ラインのダッシュの長さである。二番目のパラメータはピクセル単位で、ダッシュの間隔である。実線の場合は、どちらの値を指定します。あなたが唯一の<指定した場合opt_dash_length >し、< opt_space_length > <に設定されますopt_dash_length >。デフォルトは1,0(実線である)。

説明
ここで破線は、で指定されている3,6,3と太い実線は次式で指定されている5 ..

1実線と1破線で折れ線グラフ
Chl類= 3,6,3 | 5
////
chls=3,6,3|5
////
トップに戻る

ダイナミックアイコンマーカーケム [ 棒グラフ、折れ線、レーダー、散布図 ]

チャートを作成し、ケム値などの1つまたは複数の動的なアイコンを指定。の構文化学は以下のとおりである。紫色のすべてのセミコロンで区切られた項目はオプションであり、いずれかがあなたのURLに完全に省略することができます。キャラクター|あなたはで区切られた複数の構文文字列を含めることで、複数のマーカーを含めることができます。あなたは上の動的アイコンの詳細読むことができ、動的なアイコンページを。

また、動的なアイコンとして別のチャートの中にグラフを埋め込 ​​むことができます。を参照してください。組み込みチャート下のサブセクションを。

 CHEM =
  y;s=< icon_string_constant >;d=< marker_data_string > ;ds=< which_series >;dp=< which_point s>;py=< opt_z_order >;po=< x,y >;of=< x_offset,y_offset > 
 |...|
  y;s=< icon_string_constant >;d=< marker_data_string > ;ds=< which_series >;dp=< which_point s>;py=< opt_z_order >;po=< x,y >;of=< x_offset,y_offset > 
S = < icon_string_constant >
から動的アイコンの文字列定数マーカー、動的なアイコンページ。この定数は、ほぼ同じCHSTのアイコンが自立するためのパラメータ。しかし、自立型のアイコン文字列は「D_」で始まる、あなたが同等のダイナミックアイコンマーカーを得るために、そのプレフィックスを削除する必要があります。例:自立型アイコン:d_bubble_icon_text_small ; 同等のダイナミックアイコンマーカー:bubble_icon_text_small。
D = < marker_data_string >
この特定のマーカーの種類に必要なデータ。これはで使用されるのと同じ文字列を保持CHLDの、同等の自立アイコンのパラメータを除いたすべて|デリミタはカンマで置き換える必要がありますが(代わりに複数行のテキストのためのパイプマーカーのカンマを使用することを忘れないでください!)。(;)、、(@)で、(=)に等しいコンマ(、)、セミコロン(|)パイプ:データ文字列内で、あなたも、@マークで、次の文字をエスケープしなければならないことに注意してください。例:こんにちは@、+の世界、5 @@ 10 +セント+それぞれ。
DS = < which_series >
[ オプション ]このマーカーが属するデータ系列の0から始まるインデックス。デフォルト値は0です。
DP = < which_points >
[ オプション ]ポイントはマーカーを描画するために使用されているデータを指定します。デフォルト値は0(シリーズの最初の点)である。次のいずれかの形式を使用します。
ND -どこで、上のマーカーを描画するためのデータポイントndはシリーズのゼロベースのインデックスである。あなたは非整数値を指定した場合、画分が計算された中間点を示している。たとえば、3.5は中間点3と点4の間を意味します。
レンジ、< 開始 >、< 終了 >、< ステップ > -すべての上のマーカーを描画ステップの範囲内のデータポイントの開始と終了、包括的。開始及び終了インデックス値であり、中間値を示す浮動小数点数することができる。すべての値はオプションです。デフォルトは次のとおりです。= 0、終了=最後の項目、ステップ= 1を開始します。この値を省略すると、あなたはまだ中間カンマを含める必要がありますが、空の末尾にカンマを含める必要はありません。例:DP =範囲、0,4は要素0〜4上のマーカーを描き、DP =範囲、5,10,2は要素5,7上のマーカーを描画し、9; DP =レンジ、2が第三のポイント上の点を描く以降、DP =範囲、図3に示すように、1.5は最後の4番目の項目からのすべての1.5のデータポイントにマーカーを描画します。
すべて -すべての要素上のマーカーを描画します。これは等価である範囲、0、END_INDEX。例:DP =すべて
あらゆる、nは -すべてのnの上のマーカーを描き番目のマーカー。例:すべての、2 = dpの項目0,2、および4上のマーカーを描画します。
PY = < z_order >
[ オプションの上]層は、他のマーカーと他のすべてのグラフ要素に比べて、マーカーを描画します。これは-1.0が下で、1.0がトップで包括-1.0〜1.0の浮動小数点数、である。グラフの要素(線や棒)ちょうどゼロを下回っている。二つのマーカーが同じ値を持つ場合、それらは、URLで指定された順序で描画されます。デフォルト値は0.0です(単にグラフ要素の上)。
PO = < のx、y >
[ オプション ]マーカーを描画する時チャート上の絶対位置。0.0,0.0は左下隅で、1.0,1.0は右上隅です。ここで、x、yは、2つの浮動小数点数である。
の= < X_OFFSET、Y_OFFSET >
[ オプション ]を通常の位置からアイコンを相殺するピクセル数。X_OFFSETとY_OFFSETは、正または負の整数である。マーカーがポイント上に縦横にセンタリングされますので、ポイントはおそらくデータマーカーと整列しないことを意味し、組み込み動的アイコンでこの値を指定することが重要です。直立ピンのオフセット良いですが= 0,22 ; 傾斜ピンオフセット良いのいずれかである-12,20 =のかの= 12,20斜めの方向に依存していますが、試してみる必要があるかもしれません。デフォルト値は0,0である。

説明
ここで自立画像として作成したものと同じダイナミックアイコンの例であり、折れ線グラフでマーカーとして使用。
チャート1: https://chart.googleapis.com/chart?chs=300x140&cht=lc&chco=FF9900,224499& 
chd=t:75,74,66,30,10,5,3,1&chls=1|1& 
chem=y;s=bubble_icon_text_small;d=ski,bb,Wheeee!,FFFFFF;dp=2;ds=0&chm=v,ccccFF,0,::.2,2

図表2:https://chart.googleapis.com/chart?chst=d_bubble_icon_text_small&chld=ski|bb|Wheeee!|FFFFFF|000000

動的アイコンマーカーと折れ線グラフ。
CHEM = 
Y; S = bubble_icon_text_smallし、d =スキー、BB、Wheeee、FFFFFF;!DP = 2; DS = 0

/////
重要
/////
chem=
  y;s=bubble_icon_text_small;d=ski,bb,Wheeee!,FFFFFF;dp=2;ds=0
/////

スタンドアロンの画像と同じダイナミックアイコンマーカー。


CHST = 
d_bubble_icon_text_small 
CHLD = 
スキー| BB | Wheeee!| FFFFFF | 000000

/////
重要
/////
chst=
  d_bubble_icon_text_small
chld=
  ski|bb|Wheeee!|FFFFFF|000000
/////
動的アイコンマーカーは、水平方向および垂直方向の点を中心にされることに注意してください。あなたは尾と動的アイコンを使用している場合だから、テールは、チャートポイントになりません。マーカーの中心は次のようになります。最初のグラフは、実際にはライン上のビットマークの右に尾を置くデータ点3、上のマークを中央に配置します。

2番目のグラフは、使用の所望のデータポイントの上にマーカーの尾を移動する値。傾斜ピンオフセット良いです-12,20。


CHEM = Y; 
S = map_xpin_letter; 
D = pin_sleft、A、FF0000; 
DP = 3; 
DS = 1 

//////
重要
/////
chem=y;
  s=map_xpin_letter;
  d=pin_sleft,A,FF0000;
  dp=3;
  ds=1

//////
 
CHEM = Y; 
S = map_xpin_letter; 
D = pin_sleft、A、FF0000; 
DP = 3; 
DS = 1; の= -12,0
//////
重要
/////
chem=y;
  s=map_xpin_letter;
  d=pin_sleft,A,FF0000;
  dp=3;
  ds=1;
  of=-12,0
//////
キャラクター|複数の動的アイコンを含めるには、区切られた構文文字列を、繰り返します。

この例では、範囲、ならびに2つの個別のマーカーが表示されます。

垂直ピンが0,22のにより相殺されており、傾斜ピンは、ピンポイントは、彼らが説明するシリーズと並ぶように12,20のオフセットをしたかに注意してください。


chem= 
y;s=map_xpin_letter;d=pin_sright,A,FF0000;dp=4;ds=0;py=1;of=12,20|
y;s=map_pin_icon;d=baby,FF5555;ds=1;dp=6;of=0,22| 
y;s=map_pin_icon;d=camping,DEF763;ds=2;dp=range,2,5


/////
重要
/////
chem=
  y;s=map_xpin_letter;d=pin_sright,A,FF0000;dp=4;ds=0;py=1;of=12,20|
  y;s=map_pin_icon;d=baby,FF5555;ds=1;dp=6;of=0,22|
  y;s=map_pin_icon;d=camping,DEF763;ds=2;dp=range,2,5
/////

これは複数行のテキストマーカーを示しています。バブルは、それが、チャート上で再センタリングさせる、テキストに合わせてサイズが変更されるため、マーカーは、テキストを追加した後にオフセットされなければならない。テキスト内の改行は、コンマで示されている方法に注意してくださいd個のデータ文字列。
CHEM = Y; 
S = bubble_texts_big; 
dは= bbbr、FFC6A5,000000、外れ値は、+フィードに+忘れた; 
DS = 0; 
DP = 13; 
の= -120,2


/////
重要
/////
chem=y;
  s=bubble_texts_big;
  d=bbbr,FFC6A5,000000,Outlier,Forgot+to+feed;
  ds=0;
  dp=13;
  of=-120,2

/////
埋め込みグラフ

あなたは、動的なアイコン構文を使用して別の内部で1のグラフを埋め込むことができます。

バブル内の埋め込みグラフ、無泡で埋め込みグラフ:埋め込みグラフマーカー2つのスタイルがあります。ここでは、両方の例を示します。

バブルレスチャート
バブルとチャート
バブルなしのチャート
ここでの具体的であるのS = < icon_string_constant D = <;> marker_data_string >:パラメータ(上記に覆わパラメータは、ここで再度説明されていない)は、両方の非バブルとバブル埋め込 ​​みグラフのために

構文

 非バブル:
  chem=y;s=ec;d=< alignment_string >,< chart_data > ;ds=< which_series >;dp=< which_point s>;py=< z_order >;po=< x,y >;of=< x_offset,y_offset >

バブル:
  CHEM = Y; S = ECBし、d = <frame_type >、< パディング >、< frame_color >、< fill_color>、<chart_data>  ; DS = < which_series >; DP = < which_point秒>; PY = < z_order >;経口= < のx、y >; =の< X_OFFSET、Y_OFFSET > 
alignment_string
[ 非バブルのみ ]バブルレス埋め込 ​​みグラフのどの部分がデータポイントに固定されている。次の図は、2つの文字の文字列定数のいずれかを選択します。アライメント·ストリング
chart_data
埋め込 ​​みグラフのデータ。これは後にすべてですhttps://chart.googleapis.com/chart?埋め込 ​​むチャートのURLにある。以下のツールを使用するか、またはツールの下にリストされている規則に従います。
frame_type
[ バブルのみ ]ダイナミックアイコンの一つフレームスタイル定数。
パディング
[ バブルのみをピクセル単位でバブルの内側]パディング、。
frame_color
[ バブルのみ#マークなしの6桁のHTMLカラー文字列として]枠の色、。例:FF00FF。
fill_color
[ バブルのみ ]バブルの塗りつぶしの色、#マークなしの6桁のHTMLカラー文字列として。例:FF00FF。
埋め込みグラフのデータ

グラフ文字列の生成を助ける、あるいは手動でツールの後に与えられたルールを以下のチャートの文字列を生成するには、次の変換ツールを使用してください。


手動で変換するためのルール

まず示されている順序で次の値を持つパラメータと値のペアのすべての次の文字を、置き換えます。

交換する これとともに
%7Cまたは%7cと
|
@
@@
25%
@、
|
@ |
;
@;
%26
=
%の3D
2。その後、すべて交換する&と=で値をパラメータ1 =値1&パラメータ2 =値2 ...カンマでペア。

トップに戻る

ラインは塗りつぶしchmファイル [ ライン、レーダーを ]

あなたは、ソリッドカラーを使用してデータ·ラインの下の領域を埋めることができます。

あなたは、ラインが他のどので満たさ組み合わせることができますのCHM(パイプ文字使用してパラメータ|を分離するために)のCHMパラメータを。

構文

 chmファイル=
  < b_or_B >、< 色 >、< start_line_index >、< end_line_index >、< 0 >
     | ... |
  < b_or_B >、< 色 >、< start_line_index >、< end_line_index >、< 0 >
< b_or_B >
グラフの下部に、あるいは単に次の下の行に記入するかどうか。
B -から塗りつぶし< start_line_index >。グラフの下部に< end_line_index >は、グラフのセグメントを埋めるようにする特別な構文をサポートしています。あなたが埋めるためにしたい1行を持つグラフを持っている場合、これは最も簡単です。
● -マルチ折れ線グラフ内の2つのラインの間に記入してください。開始日と終了ラインがで示されている< start_line_index >と< end_line_index >。
< 色 >
RRGGBB形式の16進数で塗りつぶし色の。
< start_line_index >
フィルが開始する行のインデックス。で指定された最初のデータ系列CHDは、(ゼロのインデックスがあり0)、第2データ系列をインデックスがある1のように、とし。
< end_line_index >
塗りつぶしを停止させるのライン - タイプ「b」を入力します。この行は、現在の行の下にある必要があります。
タイプ 'B'フィル - 次の選択肢の一つ。
任意の値 -このパラメータの内の任意の単一の数字が無視され、塗りは、チャートのベースに指定した行から行くでしょう
開始:終了を -グラフの下垂直スライスを埋めるためには、指定の開始:最後を、これらはどこから始め、充填を停止するために記述したデータポイントの屈折率である。両方の値はオプションであり、デフォルトはするfirst_point:last_point。 (下記の例を参照してください。)
<0>
予約済み - ゼロでなければならない。

説明
シングルシリーズの場合は、使用するのが最も簡単ですCHM = Bを。これは、ラインの下の領域全体を塗りつぶします。

これはレーダーチャートで使用可能な唯一の塗り領域タイプです。CHM = bはレーダーチャートでは動作しません。

ラインへのグラフの下から青で陰影のあるチャート上のシングルライン
chmファイル= B、76A4FB、0,0,0

/////
重要
/////
chm=B,76A4FB,0,0,0

/////

ここでは、2つの線と2本の塗りつぶしを持つチャートです。一番下の行の下と上の行の上の領域を充填することは、次の覆われた特別な技術を必要とする。

チャート上の3つのライン;  第二から三行目、チャートのトップに三行目から無陰影、最初から二行目に赤の下から最初の行への陰影、ダークブルーをグラフ化しません。 行は、デフォルトの黄色で描かれている
CHD = Sで: 
cefhjkqwrlgYcfgc、 
QSSVXXdkfZUMRTUQ、 
HJJMOOUbVPKDHKLH、

chmファイル= 
B、224499,0,1,0 |(青)B、FF0000,1,2,0 |(赤)

//////
重要
/////
chd=s:
cefhjkqwrlgYcfgc,
QSSVXXdkfZUMRTUQ,
HJJMOOUbVPKDHKLH,

chm=
b,224499,0,1,0| (blue)
b,FF0000,1,2,0| (red)

//////
複数行のチャートでは、最初の行に、チャートの上から充填する、データフォーマットのための最高のデータ値の2つのコピーが含まれているシリーズがあります。したがって、たとえば、「....」拡張符号化のため、「100,100」の基本的なテキスト形式の場合などです。このシリーズから一番上の行に記入してください。

グラフの下部に最後の行から入力するには、データフォーマットの最安データ値の2つのコピーが含まれているシリーズがあります。したがって、たとえば、のように拡張された基本的なテキスト形式のエンコーディング、0,0、およびのためのAAAA。

回線自体は使用して、黒で描かれCHCOを。

チャート上の3つのライン;  チャートは、チャートのトップに二行目、三行目と三行目から淡い青に第二から濃い青色に最初から、最初の行に下から緑に赤の網掛けされている
CHD = E:
....、 (最高値)
cefhjkqwrlgYcfgc、
QSSVXXdkfZUMRTUQ、
HJJMOOUbVPKDHKLH、
AAAA(ゼロ値)CHM = B、76A4FB、0,1,0 |(ライトブルー)、B、224499,1,2,0 |(青)B、FF0000,2,3,0 |(赤)、B、80C65A、3,4,0(緑)CHCO = 000000

//////
重要
/////
chd=e:
  ...., (highest value)
  cefhjkqwrlgYcfgc,
  QSSVXXdkfZUMRTUQ,
  HJJMOOUbVPKDHKLH,
  AAAA (zero value)
chm=
  b,76A4FB,0,1,0| (light blue)
  b,224499,1,2,0| (blue)
  b,FF0000,2,3,0| (red)
  b,80C65A,3,4,0 (green)
chco=000000

//////



ここでは、垂直の充填スライスを持つ折れ線グラフである。これは指定することによって実行し、開始:終了 <ためのペアend_line_indexライン·フィル·タイプ'B'で>を。

B、76A4FB、0,0:3,0 -ライン0の下にブルーの縦塗りつぶし、データポイント0-3によって結合した。
B、990000,0,7:10.0 -ライン0の下に赤い縦の塗りつぶし、データポイント7-10により結合した。
B、DEDC06,0,12:0 -ライン0の下の黄色の縦フィル、データ点12からの一連の終わりまで。

chmファイル= 
B、76A4FB、0,0:3,0 | 
B、990000,0,7:10.0 | 
B、DEDC06,0,12:0
この例では、レーダーチャート上のラインフィルを使って示しています。

//////
重要
/////
chm=
  B,76A4FB,0,0:3,0|
  B,990000,0,7:10,0|
  B,DEDC06,0,12:,0

//////


レーダーチャート
chmファイル= 
B、FF000080,0,1.0,5.0 | 
B、FF990080,1,1.0,5.0
/////
重要
/////
chm=
  B,FF000080,0,1.0,5.0|
  B,FF990080,1,1.0,5.0

/////
トップに戻る

形状マーカーCHM [ 棒グラフ、折れ線、レーダー、散布図 ]

あなたは、チャート上のすべてまたは個別のデータポイントのためのグラフィカルなマーカーを指定することができます。二つ以上のマーカーが同じポイントを占有した場合、マーカーはそれらがに表示される順序で描かれているのCHMパラメータ。また、中に覆われているデータ·ポイント、上のテキストマーカー作成できるデータポイントのマーカーを。

あなたは他のと形状マーカーを組み合わせることができchmファイル(パイプ文字使用してパラメータ|を分離するために)のCHMパラメータを。

構文

マークする必要があります各シリーズの次のいずれかのパラメータセットを指定します。複数の系列をマークするには、パイプ文字で区切られた追加のパラメータセットを作成します。あなたはすべての系列をマークアップする必要はありません。あなたがデータ系列にマーカーを割り当てない場合、それはどのマーカーを得ることはありません。

シェイプマーカーはわずかに異なる動作を散布図。詳細については、そのドキュメントを参照してください。

 chmファイル=
  [@] < marker_type >、< 色 >、< series_index >、< opt_which_points >、< サイズ >、< opt_z_order >、< opt_offset >
     | ... |
  [@] < marker_type >、< 色 >、< series_index >、< opt_which_points >、< サイズ >、< opt_z_order >、< opt_offset >
@
[ オプションのオプションの@文字でマーカータイプの前にした場合]を選び、< opt_which_points >使用する必要がありますY:Xフォーマットを。
<marker_type>
マーカーのタイプに使用する。次のタイプのいずれかを指定します。
A -アロー
C -クロス
C -長方形。矩形マーカ場合は、一連の0は下端を指定し、シリーズ1は上端を指定する少なくとも2つのデータシリーズを持っている必要があります。< サイズ >はピクセル単位で、矩形の幅を指定します。
D -ダイヤモンド
E -エラーバーのマーカー()このマーカーは、作成するには、2つのデータ系列、1ボトム値、トップのための第二シリーズの対応点を必要とします。また、拡張され、<公開しますサイズ:>構文line_thicknessの [を:top_and_bottom_width ]ここtop_and_bottom_widthはオプションです。下記の例を参照してください。
時間 -指定された高さでのチャート間で水平線。(<でのみ有効なフォーマットopt_which_points >パラメーターであるND。)
H -指定されたデータマーカーを通して水平線。これは、拡張<サポートしていますサイズ:あなたは、正確な行の長さを指定できます>構文line_thicknessの [:長さ:] の長さは、完全なグラフ領域の幅にオプションで、デフォルトを。
O -サークル
S -スクエア
V -データポイントのx軸からの垂直線
V -調節可能な長さの垂直線。これは、拡張<サポートしていますサイズ:あなたは、正確な行の長さを指定できます> value構文line_thicknessの [:長さ:] の長さは、完全グラフエリアの高さにオプションで、デフォルトを。マーカーは、データ点を中心とする。
X - X
< 色 >
このシリーズのマーカーの色、RRGGBB進数形式。
< series_index >
マーカーを描く上でデータ系列のゼロから始まるインデックス。の場合は無視され時間のx / y座標(@文字で始まる)で場所を指定するマーカー及びマーカー。あなたはマーカーのソースとして隠れたデータ系列を使用することができます。参照化合チャートを詳しく。グループ化された垂直棒グラフをサポート特殊な拡張構文特定のバーでマーカーを整列させるの。
< opt_which_points >
[ オプション ]上のマーカーを描画するためのポイント(複数の)デフォルトはすべてのマーカーである。次の値のいずれかを使用します。
ND -どこでマーカーを描画します。意味は、マーカータイプによって異なります。
時間以外のすべての種類 -上のマーカーを描画するデータポイント、Ndが直列にゼロベースのインデックスです。あなたは非整数値を指定した場合、画分が計算された中間点を示している。たとえば、3.5は中間点3と点4の間を意味します。
時間 - 0.0から1.0の数、0.0はグラフの下で、1.0チャートのトップである。
-1 -すべてのデータポイントにマーカーを描画します。また、すべてのデータポイント上に描画するために、空は、このパラメータを残すことができます。
- nは -すべての上のマーカーを描くのn番目のデータポイント。浮動小数点値; nが1未満である場合、チャートはあなたのために、追加の中間点を計算します。例えば、-0.5、データ点の2倍のマーカを置く。
開始:終了:N -すべての上のマーカーを描くのnから、範囲内の番目のデータポイントの開始に終了包括的な、インデックス値。すべてのパラメータは、(存在しなくてもよい)はオプションですので、3 :: 1は、最後に、ステップ1に4番目の要素からなり、かつ、このパラメータは完全にデフォルトになります省い最初:最後:1。すべての値は、浮動小数点数することができます。開始と終了は、最後の値から逆にカウントする、負になることができます。両方あれば、開始と終了が負である、彼らは増加する値に記載されていることを確認してください(-6、例:-1:1)。場合には、n個のステップ値が1未満である、それは、与えられたデータ値を補間することによって、追加のデータポイントを計算します。デフォルト値は最初に:最後:1
のx:yの -グラフ上の特定のx / yのポイントにマーカーを描画します。この点は、ライン上にある必要はありません。このオプションを使用するには、マーカータイプの前に@文字を追加します。小数点値、浮動として座標を指定する0:0グラフの左下隅で、1:1は、チャートの右上隅です。たとえば、チャートの中心に赤、15ピクセルのダイヤモンドを追加するために使用D @ FF0000,0,0.5:0.5,15。
< サイズ >
ピクセル単位でマーカーのサイズ。ほとんどは、このパラメータのための単一の数値をとる。V、HおよびSマーカー構文<サポートサイズ >:[ 幅オプションの2番目の部分は、ラインまたはマーカーの長さを指定します]。
< opt_z_order >
[ オプションの上]層は、他のマーカーと他のすべてのグラフ要素に比べて、マーカーを描画します。これは-1.0が下で、1.0がトップで包括-1.0〜1.0の浮動小数点数、である。グラフの要素(線や棒)ゼロよりわずかに低い。二つのマーカーが同じ値を持つ場合、それらは、URLで指定された順序で描画されます。デフォルト値は0.0です(単にグラフ要素の上)。
< opt_offset >
[ オプション ]指定した場所から水平方向および垂直方向のオフセットを指定してみましょう。区切り文字:ここで使用する構文です予約済み < horizontal_offset >:< vertical_offset >が。指定された場合は、空の,,値を含めることができるのCHM <用のパラメータ文字列opt_z_order >。例:O、FF9900,0,4,12 ,, :10 O、FF9900,0,4,12.0 ,, :-10:20 O、FF9900,0,4,12,1、:: 20
予約済み -空白のままにします。
< horizontal_offset > -ピクセル単位で、水平オフセットを指定する正または負の数。オプション。使用しない場合は空白のままにします。
< vertical_offset > -オフセットをピクセル単位で垂直を指定する正または負の数。オプション。使用しない場合は空白のままにします。

説明
ここでは、形状とラインマーカーのいくつかの例を示します。

、990066,0,0.0,9.0 -紫矢印、最初のシリーズ、最初の点、サイズ9。
C、FF0000,0,1.0,20.0 -レッドクロス、最初のシリーズ、第二の点、サイズ9。
D、80C65A、0,2,20.0 -グリーンダイヤモンド、まずシリーズ、第三点、サイズ9。
H、000000,0,3,1:40 -黒の水平線、最初のシリーズは、データ点3、1ピクセル幅、40ピクセルの長さである。
O、FF9900,0,4.0,12.0 -オレンジサークル、最初のシリーズ、第五点、サイズ12。
S、3399CC、0,5.0,11.0 -青の正方形、最初のシリーズ、6点目、サイズ11。
V、BBCCED、0,6.0,1.0 -時点までの垂直ライン、最初のシリーズ、第7ポイント、1ピクセル幅。
V、3399CC、0,7.0,1.0 -チャートのトップに縦のラインボトム、最初のシリーズ、第八点、1ピクセル幅。
のx、FFCC33,0,8.0,20.0 -黄'X'、最初のシリーズ、第九点、サイズ20。
H、FFFF00,0,9,2 -水平黄色の線データ点9でのグラフの幅です。
H、FF0000,0,0.5,1 -指定された高さで赤の水平線、最初のシリーズ、途中でグラフまで、1ピクセル幅。
マーカーと折れ線グラフ
chm= 
a,990066,0,0.0,9.0| 
c,FF0000,0,1.0,20| 
d,80C65A,0,2.0,20.0| 
H,000000,0,3,1:40| 
o,FF9900,0,4.0,12.0| 
s,3399CC,0,5.0,11.0| 
v,BBCCED,0,6,1.0| 
V,3399CC,0,7,1.0| 
x,FFCC33,0,8,20| 
H,FFFF00,0,9,2| 
h,FF0000,0,0.5,1



/////
重要
/////
chm=
  a,990066,0,0.0,9.0|
  c,FF0000,0,1.0,20|
  d,80C65A,0,2.0,20.0|
  H,000000,0,3,1:40|
  o,FF9900,0,4.0,12.0|
  s,3399CC,0,5.0,11.0|
  v,BBCCED,0,6,1.0|
  V,3399CC,0,7,1.0|
  x,FFCC33,0,8,20|
  H,FFFF00,0,9,2|
  h,FF0000,0,0.5,1
/////
ここでは、他のデータ系列に対して1つのデータ系列のダイヤモンド、円を使用した例です。

二つ以上のマーカーが同じポイントを占有した場合、マーカーはそれらがに表示される順序で描かれているのCHMパラメータ。ここでは、円はで指定された最初のマーカーであるchmファイルなので、それが最初に描画されます。ダイヤモンドは、それが円の上に描画され、その結果、第二の指定され描かれている。

折れ線グラフは、1行は、他のラインは10ピクセルのダイヤモンドを持つ各データポイントを15ピクセルの円を持っています。 ダイヤモンドは両方のラインに共通する点上に描かれている
chmファイル= 
O、FF9900,0、-1,15.0 | 
D、FF0000,1、-1,10.0
//////
重要
/////
chm=
  o,FF9900,0,-1,15.0|
  d,FF0000,1,-1,10.0
//////
ここでは(-2、他のすべての点を意味する)毎秒データポイント上のマーカーと折れ線グラフです。

すべての第二の点上のマーカーを持つ折れ線グラフ
CHD = T:
0,20,20,50,40,70,70,90,85,45,40,50 
chmファイル= 
O、0066FF、0、-2,6
/////
重要
/////
chd=t:
  0,20,20,50,40,70,70,90,85,45,40,50
chm=
  o,0066FF,0,-2,6
/////


ここでは、データポイントの倍のマーカー(-0.5ごと半分点を意味する)と折れ線グラフです。 すべての第二の点上のマーカーを持つ折れ線グラフ
CHD = T:
0,20,20,50,40,70,70,90,85,45,40,50 
chmファイル= 
O、0066FF、0、 - 5,6。
/////
重要
/////
chd=t:
  0,20,20,50,40,70,70,90,85,45,40,50
chm=
  o,0066FF,0,-.5,6

/////


この例では、使用する方法を示しています時間とVカスタム色や厚さのグリッド線を作成するためにマーカーを。グリッド線は、データ線の下に描かれているように、z順序値(前回値)は-1に設定されている。
すべての第二の点上のマーカーを持つ折れ線グラフ
chmファイル= 
H、76A4FB、0,0:1:.2,2、-1 | 
V、76A4FB、0、:: 2,0.5、-1

//////
重要
/////
chm=
  h,76A4FB,0,0:1:.2,2,-1|
  V,76A4FB,0,::2,0.5,-1
//////

このチャートは、折れ線グラフに垂直の充填ラ​​インを追加します。

V -チャートを縦線
FF0000 -レッドライン
0 -シリーズインデックス
:0.5 -範囲指定:最初から最後まで、すべての0.5ポイント。
2 -厚さ2ピクセル。
すべての第二の点上のマーカーを持つ折れ線グラフ
chmファイル= 
V、FF0000,0、::。5,2

/////
重要
/////
chm=
  v,FF0000,0,::.5,2
/////

この例では、正確な座標を使用して、グラフに矢印やテキストマーカーが追加されます。第1のDマーカはバーの下のトレース線である。第二のマーカーは、矢印で、第三のマーカーは、矢印のテキストです。
chmファイル= 
D、003971,1,0,3 | 
@、000000,0、0.25:.75,7 | 
@ tExpected、000000,0、0.35:.85,10


//////
重要
/////
chm=
  D,003971,1,0,3|
  @a,000000,0,.25:.75,7|
  @tExpected,000000,0,.35:.85,10

//////
特定のデータポイント(に固定された水平線Hは)相対値を示す、グラフ上のデータ値の高さを強調するために有用であり得る。
chmファイル= H、FF0000,0,18,1

/////
重要
/////
chm=H,FF0000,0,18,1
/////

このグラフは、<で線の太さと長さを指定することができますマーカーを実証サイズ >パラメータを。

E、000000,0,6,1:20 - 20ピクセルの長い1ピクセル幅の線、上部と下部のバーが付いている黒いエラーバー。底部は一連の0点8に固定され、上部はシリーズ1点8に固定されている。
H、990066,1,2,5:50 -パープル、5ピクセル幅の水平線、長いデータ点2を中心とした50ピクセル。
V、3399CC、0,8,3:50 -ブルー、3ピクセル幅の縦線、50ピクセル長く、データ点8を中心に。

chmファイル= 
E、000000,0,6,1:20 | 
H、990066,1,2,5:50 | 
V、3399CC、0,8,3:50


/////
重要
/////
chm=
  E,000000,0,6,1:20|
  H,990066,1,2,5:50|
  V,3399CC,0,8,3:50
/////
トップに戻る

テキストおよびデータ値マーカーchmファイル [ 棒グラフ、折れ線、レーダー、散布図 ]

あなたは、カスタムテキストを使用して、チャート上の特定のポイントにラベルを付けたり、その時点でのデータのフォーマットされたバージョンとすることができます。

任意の組み合わせることができますのCHM(パイプ文字使ってマーカー|を分離するために)のCHMパラメータセットを。

文字列値に関する注意:専用のURLセーフな文字はラベル文字列で許可されています。安全のためには、URLエンコードが必要がありません文字の文字を含むすべての文字列が設定され0-9A-ZA-Zを。あなたには、URLエンコーダを見つけることができるGoogleの可視化ドキュメント。

構文

マークする必要があります各シリーズの次のいずれかのパラメータセットを指定します。複数の系列をマークするには、パイプ文字で区切られた追加のパラメータセットを作成します。あなたはすべての系列をマークアップする必要はありません。あなたがデータ系列にマーカーを割り当てない場合、それはどのマーカーを得ることはありません。

 chmファイル=
  < marker_type >、< 色 >、< series_index >、< opt_which_points >、< サイズ >、< opt_z_order >、< opt_placement >
     | ... |
  < marker_type >、< 色 >、< series_index >、< opt_which_points >、< サイズ >、< opt_z_order >、< opt_placement >
<marker_type>
マーカーのタイプに使用する。次のタイプから選択できます。
F <テキスト> -テキストを含むフラグ。カスタムURLエンコードされたテキストに続く文字'f'を指定します。テキストマーカーでカンマをエスケープするには、\マークでコンマの前。例:fHello \、+世界!
T <テキスト> -単純なテキストマーカー。't'は、カスタムURLエンコードされたテキストを続けた文字を指定します。\マークでコンマの前に、テキストマーカーでカンマをエスケープする。例:tHello \、+世界!
< テキスト > -注釈マーカー。これは、フラグマーカーに似ていますが、彼 ​​らは重ならないようにマーカーは、それらの位置を調整する。<のための唯一の有効な形式opt_which_points >はされNdが、シリーズのポイントのインデックスを意味する。
N < formatting_string > -オプションの書式設定で、この時点でのデータの値、。あなたが使用しない場合のCHDのパラメータ(カスタムスケール)を、正確な符号化された値を与える。あなたは、そのパラメータを使用する場合は、任意のフォーマットタイプと値が、指定範囲にスケーリングされます。の例を参照してくださいCHDについて、以下の数値のマーカーとします。このマーカータイプでは積み上げ棒グラフは、指定した場合は-1のため、< series_index >この積み重ね棒グラフ内のすべての値の合計を示 ​​しているマーカーが表示されます。次のようにフォーマット文字列の構文は、次のとおりです。< preceding_text > * < number_type > < decimal_places > ZS < xまたはy > * < following_text >。これらの要素は、すべてオプションです。ここで、各要素の意味は次のとおりです。

<preceding_text> -各値の前にテキスト。
* ... * -あなたは番号の書式設定の詳細を指定できるリテラルのアスタリスクに包まれたオプションのブロック、。次の値がサポートされ、すべてのオプションです。
<number_type> -数値の数値書式、。以下のいずれかを選択します。
F - [ デフォルト ]浮動小数点形式。<と同様に精度を指定することを検討しdecimal_places >の値。
P -パーセンテージ形式。%記号が自動的に追加されます。注:このフォーマットを使用する場合は、データ値を0.0から0 - 1.0地図- 100%(例えば、0.43は43%と表示されます)。
電子 -科学的表記形式。
C < CUR > -適切な通貨マーカーで、指定された通貨に数値をフォーマットします。交換してください< CUR > 3文字の通貨コードで。例:cEURユーロのために。あなたは、上のコードのリストを見つけることができ、ISOのWebサイトをしないすべてのシンボルがサポートされているが、。
<decimal_places> -表示するどのように多くの小数点以下の桁を指定する整数。値は、この長さに(切り捨てしない)丸 ​​められます。デフォルトは2です。
zは - 。表示後続ゼロ既定値はnoです。
S - 。表示グループセパレーターデフォルトはNOです。
のxまたはyの x軸からのデータ-表示または指定されているように、y座標。それが何を意味するのかを決定するために、グラフを用いた実験:xデータの意味は、グラフの種類によって異なります。デフォルトは'Y'です。
< following_text > -テキストは、それぞれの値に従います。
< 色 >
このセットのためのマーカーの色、RRGGBB進数形式。
< series_index >
マーカーを描く上でデータ系列のゼロから始まるインデックス。これがある場合は積み上げ棒グラフとマーカータイプは、N(データポイント値)で、次のように指定することができます-1のバーの各スタックに対して合計値マーカーを作成する。例えば、以下を参照してください。
< opt_which_points >
[ オプション ]上のマーカーを描画するためのポイント(複数の)デフォルトはすべてのマーカーである。次の値のいずれかを使用します。
ND -どこで、上のマーカーを描画するためのデータポイントndはシリーズのゼロベースのインデックスである。あなたは非整数値を指定した場合、画分が計算された中間点を示している。たとえば、3.5は中間点3と点4の間を意味します。
-1 -すべてのデータポイントにマーカーを描画します。また、すべてのデータポイント上に描画するために、空は、このパラメータを残すことができます。
-n -すべての上のマーカーを描くのn番目のデータポイント。
開始:終了:N -すべての上のマーカーを描くのnから、範囲内の番目のデータポイントの開始に終了包括的な、インデックス値。すべてのパラメータは、(存在しなくてもよい)はオプションですので、3 :: 1は、最後に、ステップ1に4番目の要素からなり、かつ、このパラメータは完全にデフォルトになります省い最初:最後:1。すべての値は、浮動小数点数することができます。開始と終了は、最後の値から逆にカウントする、負になることができます。両方あれば、開始と終了が負である、彼らは増加する値に記載されていることを確認してください(-6、例:-1:1)。場合には、n個のステップ値が1未満である、それは、与えられたデータ値を補間することによって、追加のデータポイントを計算します。デフォルト値は最初に:最後:1
のx:yの - [ N型マーカーはサポートされていません、チャート上の特定のx / yのポイントにマーカーを描画します]。この点は、ライン上にある必要はありません。文字(に追加@このオプションを使用するには、マーカータイプの前に)。浮動小数点値として、座標指定0:0グラフの左下隅で、0.5:0.5チャートの中心であり、1:1は、チャートの右上隅にある。たとえば、チャートの中心に赤、15ピクセルのダイヤモンドを追加するために使用D @ FF0000,0,0.5:0.5,15。
< サイズ >
ピクセル単位でマーカーのサイズ。これは、(ポイントサイズを指定するために使用される)第3のデータ系列との散布図である場合、この値はデータ範囲によってスケーリングされる。データ範囲は0〜100で、<ある場合ので、サイズ > 100のデータ値は30ピクセル幅であるように、30であり、50のデータ値は、のように15ピクセル幅である、となる。
< opt_z_order >
[ オプションの上]層は、他のマーカーと他のすべてのグラフ要素に比べて、マーカーを描画します。これは-1.0が下で、1.0がトップで包括-1.0〜1.0の浮動小数点数、である。グラフの要素(線や棒)ゼロよりわずかに低い。二つのマーカーが同じ値を有する場合、それらはURLによって指定された順序で描かれている。デフォルト値は(ちょうどグラフの要素の上に)0.0である。
< opt_placement >
[ オプション ]データポイントに関連して、このマーカーを置くか記述する追加の配置の詳細を。あなたは、水平および/ ​​または垂直相対的な位置だけでなく、オフセットを指定することができます。ここに示されているように、区切り文字:配置の構文は文字列です。すべての要素はオプションです。< horizontal_and_vertical_justification >:< horizontal_offset >:< vertical_offset >。指定された場合は、空の,,値を含めることができるのCHM <用のパラメータ文字列opt_z_order >。例:N、000000,0,1,10、A、BおよびN、000000,0,1,10、LVおよびN、000000,0,1,10、R :: 10。
horizo​​ntal_and_vertical_justification
マーカーのアンカーポイント。これは正当化とは逆に動作しますので、左のアンカーは、実際にマーカーを置く右データポイントの。あなたは以下のリストからの水平および/ ​​または垂直位置揃えを選択することができます。
水平配置: 'L'、 'H'、または'r' -左、中央、または右アンカー、水平デフォルトは'l'のです。
縦置き: 'B'、 'v'と'T' -ボトム、中央、またはトップアンカー、縦にデフォルトは'b'がある。
バー相対的配置[ のみバーグラフ]: 'S'、 'C'、 'E' -ベース、中央、またはバーの上部。積み上げグラフの場合、これは各シリーズの全体ではなく、バーのための棒の部分を基準とします。指定された一連の指標が-1の場合(スタック合計)、全体のバーとの関係である。これは縦置き値と組み合わせることができます。たとえば、 'は'または'対'。デフォルト値は'E'です。
horizo​​ntal_offset
ピクセル単位で、このマーカーのために水平方向のオフセット。デフォルトは0です。
vertical_offset
垂直ピクセルで、このマーカーのために相殺された。非棒グラフデフォルト:15; バーチャートチャートデフォルト:2。
説明
ここでは、棒グラフ上の値ラベルの例を示します。

最初のグラフ(のN * p0を*は)パーセンテージで示される値で、データ値マーカーを指定し、11ポイントのテキストで、すべての値で、黒で、ゼロ小数点に丸め。データ値がすべてのパーセンテージ形式で、小数点以下2桁まで移動され、0.0〜1.0の間であることに注意してください。

2番目のグラフ(N * cEUR1 *が)11ポイントのテキストで、すべての値で、黒で、ユーロの値として書式設定と同じ値、小数点第一位を示している。

各バーの上にパーセンテージラベル付き棒グラフ
chmファイル= 
N * P0 *を000000,0、-1,11 
CHD = T:
0.4356,0.3562,0.4834,0.575,0.673,0.6091

/////
重要
//////
chm=
  N*p0*,000000,0,-1,11
chd=t:
  0.4356,0.3562,0.4834,0.575,0.673,0.6091

/////
各バーの上ユーロラベル付き棒グラフ


chmファイル= 
N * cEUR1 *、000000,0、-1,11

/////
重要
//////
chm=
  N*cEUR1*,000000,0,-1,11
/////

あなたが使用することができますCHDについての表示された数値をスケールするためにパラメータを。あなたが使用することができますCHDについての、シンプルで拡張されたエンコーディングを含む、すべてのデータ·フォーマットのために。これはバーサイズや軸ラベルだけデータマーカー値には影響しません。

この例は、39、29、30、43、41シンプル符号化範囲は0から61 46での単純なエンコードされた値を持つチャートを示す。CHDについてのパラメータが(これがあった場合には0-1のカスタムマーカースケールを定義するため、マーカー値はこの範囲にスケーリングされますが、バーの高さは影響を受けません、テキスト形式のデータバーは同様にスケーリングされます)。


CHD = Sで:underp 
chmファイル= N、000000,0、-1,11 
CHDについて= 0,1

/////
重要
//////
chd=s:underp
chm=N,000000,0,-1,11
chds=0,1

/////
ここでの最大のポイントでの最小点でのテキストラベル、フラグ、ラ​​ベルとグラフの例を示します。

緑の破線のデータ点に描かれた15ptの赤いテキストで10ptの青いテキストラベル、フラグ、と折れ線グラフ。
chmファイル= 
TMIN、0000FF、0,1,10 | 
FMAX、FF0000,0,3,15

/////
重要
//////
chm=
  tMin,0000FF,0,1,10|
  fMax,FF0000,0,3,15

/////

この例では、個別のシリーズに加え、シリーズの合計値で積み上げグラフを示している。積み重ねられた系列の値を表示するには、私たちは 'C'位置決めオプションを使用する必要があります。私たちはしなかった場合には、トップバーの値は各バーの上部にある合計値をオーバーラップする。
chmファイル= 
N、FF0000、-1、12 | 
N、000000,0、、12、、C | 
N、000000,1、、12、、C | 
N、FFFFFF、2、12、C


///////
重要
//////
chm=
  N,FF0000,-1,,12|
  N,000000,0,,12,,c|
  N,000000,1,,12,,c|
  N,ffffff,2,,12,,c
///////
どのように垂直方向と水平方向の配置の作業のいくつかのよりデモ。この例では、(縦置き用のsを使い、C、およびe)アンカー棒グラフの値のさまざまな組み合わせを示しています。右のアンカーは、左のマーカーを移動させ、トップアンカーがダウンしてマーカーを移動し、その逆の場合も同様に注意してください。赤い点は、ベース、センター、各バーの上部を示している。数は、各バーに異なるアンカー値を使用して固定データ値である。
chm= 
N,000000,0,0,10,,rs 
N,000000,0,1,10,,ls 
N,000000,0,2,10,,c 
N,000000,0,3,10,,e 
N,000000,0,4,10,,e::15 
N,000000,0,5,10,,e::-12

//////
重要
//////
chm=
  N,000000,0,0,10,,rs
  N,000000,0,1,10,,ls
  N,000000,0,2,10,,c
  N,000000,0,3,10,,e
  N,000000,0,4,10,,e::15
  N,000000,0,5,10,,e::-12
//////
それらが重ならないように注釈マーカーは自動的にラベルの位置を調整します。最初のCHM値はライン·フィルのためであり、以下の値はすべての注釈マーカーである。 注釈マーカー。
chm=B,C5D4B5BB,0,0,0 
AA,666666,0,3,15 
AB,666666,0,5,15 
AC,666666,0,24,15 
AD,666666,0,25,15 
AE,666666,0,26,15 
AF,666666,0,51,15 
AG,666666,0,60,15 
AH,666666,0,73,15 
AI,666666,0,80,15 
AJ,666666,0,99,15


//////
重要
//////
chm=B,C5D4B5BB,0,0,0
  AA,666666,0,3,15
  AB,666666,0,5,15
  AC,666666,0,24,15
  AD,666666,0,25,15
  AE,666666,0,26,15
  AF,666666,0,51,15
  AG,666666,0,60,15
  AH,666666,0,73,15
  AI,666666,0,80,15
  AJ,666666,0,99,15

//////
スイスで街の高度を示すもう一つの注釈マーカーの例。
トップに戻る

レンジマーカーCHM [ バー、ローソク足、ライン、レーダー、散布図 ]

あなたは、グラフの特定の領域を強調するために背景の塗りの水平または垂直のバンドを着色することができます。

任意の組み合わせることができますのCHM(パイプ文字使ってマーカー|を分離するために)のCHMパラメータセットを。

構文

各バンドは、描画するための次のいずれかのパラメータセットを指定します。複数のバンドを描画するには、パイプ文字で区切られた追加のパラメータセットを作成します。範囲は指定された順序で描かれているので、描かれた最後の範囲は、前のレンジの上に描画されます。

 chmファイル=
  < 方向 >、< 色 >、0、< start_point >、< end_point >
     | ... |
  < 方向 >、< 色 >、0、< start_point >、< end_point >
<方向>
水平または垂直シェーディングを指定します。使用rと水平方向の範囲とするためにR垂直範囲のために。
< 色 >
としてレンジカラーRRGGBB形式の16進数。
0
予約済み - ゼロでなければならない。
< start_point >
レンジの開始位置。
のために、水平範囲マーカーは、これはy軸上の位置である0.00がグラフの下で、1.00はチャートのトップである。
のために、垂直範囲マーカーは、これは、x軸上の位置である0.00がチャートの左側で、1.00はチャートの右側です。
< end_point >
レンジの終了位置。
のために、水平範囲マーカーは、これはy軸上の位置である0.00がグラフの下で、1.00はチャートのトップである。
のために、垂直範囲マーカーは、これは、x軸上の位置である0.00がチャートの左側で、1.00はチャートの右側です。

説明
範囲マーカーは、細い線や色のバンドであることができる。

R、E5ECF9,0,0.75,0.25 -範囲マーカー、淡いブルー、(予約)、グラフの高さの0.5。
R、000000,0,0.1,0.11 -範囲黒のマーカー、(予約)は、道アップy軸の0.1から始まり、アップの方法、y軸(細い黒線)の0.11で終了。
アップ方法、y軸、途中までのy軸の細い横線十パーセントの25パーセントから75パーセントのストレッチ淡いブルーの水平バンドと折れ線グラフ
chmファイル= 
R、E5ECF9,0,0.75,0.25 | 
R、000000,0,0.1,0.11

//////
chm=
  r,E5ECF9,0,0.75,0.25|
  r,000000,0,0.1,0.11
//////

この例では、垂直範囲マーカーを示している。最初のマーカーは赤い線(あるFF0000)であり、第2は、淡い青色帯域(あるA0BAE9)。

x軸に沿った道の25%〜75%であり、x軸に沿って道の細い縦線十パーセントからストレッチ淡いブルーの縦の帯の折れ線グラフ
chmファイル= 
R、FF0000,0,0.1,0.11 | 
R、A0BAE9,0,0.75,0.25

/////
chm=
  R,FF0000,0,0.1,0.11|
  R,A0BAE9,0,0.75,0.25
/////
マーカーは指定された順序で描画されます。この例では、縦の赤いマーカーは淡いブルーの水平マーカーの前に描かれたことがわかります。

青い縦のバンドと淡いブルーの水平バンドはそれぞれx、y軸に沿って道の75%、25%からストレッチと折れ線グラフ。 細い縦の赤線とそれぞれx、y軸に沿って道の細い水平の黒い線十パーセント
chmファイル= 
R、FF0000,0,0.1,0.11 | 
R、A0BAE9,0,0.75,0.25 | 
R、E5ECF9,0,0.75,0.25 | 
R、000000,0,0.1,0.11

/////
chm=
  R,FF0000,0,0.1,0.11|
  R,A0BAE9,0,0.75,0.25|
  r,E5ECF9,0,0.75,0.25|
  r,000000,0,0.1,0.11
/////
ここではゼロライン、中間ライン、および上部のチャート全体でかすかに水平線を描画する範囲マーカーを使用して折れ線グラフの例を示します。

シングル黄色の線と3の等間隔の水平線とスパークライン
chmファイル= 
R、000000,0,0.499,0.501 | 
R、000000,0,0.998,1.0 | 
R、000000,0,0.0,0.002
/////
chm=
  r,000000,0,0.499,0.501|
  r,000000,0,0.998,1.0|
  r,000000,0,0.0,0.002
/////
トップに戻る

ラインマーカーのchmファイル= D [ バー、ローソク足、ライン、レーダー、散布図 ]

あなたのチャートのデータをトレースラインを追加することができます。ほとんどの場合、これに使用される化合物チャート。

複数の行を追加(または他でこれを結合するにはchmファイルの(マーカー)、パイプを用いてchmファイルパラメータセット区切る|)区切り文字を。このパラメーターに点線マーカーを作成することはできません。

構文

 chmファイル=
  D、< 色 >、< series_index >、< which_points >、< 幅 >、< opt_z_order >
D
これは、ラインマーカーであることを示します。
< 色 >
中線の色、RRGGBB進数形式。
< series_index >
データ系列の指数は、線を描画するために使用される。データ系列インデックスである0、最初のデータ系列の1のように第二のデータ系列、および。
< which_points >
シリーズのどのポイントに線を引くために使用する。次の値のいずれかを使用します。
0 -シリーズ内のすべてのポイントを使用してください。
開始:終了 -から、一連の点の特定の範囲を使用開始に終わり、包括的(0から始まるインデックス)。また、中間点を指定するか、残すために、浮動小数点値を使用することができます開始または終了する。それぞれ、最初または最後のデータ点を示すために、ブランクの開始と終了は、最後の値からの逆インデックスとして、否定的なことができます。両方あれば、開始と終了が負である、(例えば-6:-1)に増加する値でそれらを書き込んでください。
< サイズ >
ピクセル単位で線の幅。
< opt_z_order >
[ オプションの上]層は、他のマーカーと他のすべてのグラフ要素に比べて、マーカーを描画します。これは-1.0が下で、1.0がトップで包括-1.0〜1.0の浮動小数点数、である。グラフの要素(線や棒)ゼロよりわずかに低い。二つのマーカーが同じ値を持つ場合、それらは、URLで指定された順序で描画されます。デフォルト値は0.0です(単にグラフ要素の上)。

説明
これはバーチャート上のマーカー線を描くの例です。zオーダーは次のように設定され1、そうラインがバーの上に描かれている。

この例では、バーとデータラインの両方に同じデータを使用する。 ラインマーカー付き棒グラフ
chmファイル= D、0033FF、0,0,5,1 
= sのCHD:1XQbnf4

////
chm=D,0033FF,0,0,5,1
chd=s:1XQbnf4

////
これは、同じ棒グラフであるが、ちょうどラインのための追加のデータ系列を持つ。これは、化合物チャートの一例である。複合チャートは、追加のデータ系列を追加することで描画されるCHDのパラメータに加えて、値CHD追加のデータ系列を「無視」するために、グラフを伝える。

参照化合チャートを詳しく。

ラインマーカー付き棒グラフ
chmファイル= D、0033FF、1,0,5,1 
CHD = S1:1XQbnf4,43ksfg6

/////
chm=D,0033FF,1,0,5,1
chd=s1:1XQbnf4,43ksfg6

/////
トップに戻る

データ関数chfd [ すべて のCHD チャート ]

あなたが使用してグラフのデータ上で動作するカスタム関数を指定することができますmuParser関数の構文を。関数内で使用されるデータは、2つのソースのいずれかから来ることができる。

からのデータ系列CHD -データ内の指定された列から引かれるCHD。
で宣言された値の範囲chfdのパラメータ自体は、 -あなたは、スタートを宣言停止、および任意のデータ範囲のステップ値。
それはすべてのケースであなたは既存のシリーズに出力を割り当てる必要があることに注意することが重要であるCHD。そのシリーズは、関数の出力によって上書きされます。チャートは全ての機能がプロセスされた後にのみレンダリングされるので、同じデータ系列に出力する複数の機能を割り当てると、関数は、指定された順序で実行されますが、最終関数の出力のみがチャート上にプロットされます。あなたがチェーン機能は、一つの関数は、入力として、以前の機能によって出力されたシリーズを取ることができることができるように注意してください。

色や割り当てるにはchmファイルの機能ラインにマーカーを、関数のシリーズのインデックスに色やマーカーを割り当てる。それが関数によって操作された後のマーカーは、データに応じて配置されていることに注意してください。

構文

chfd =
   <output_series_index >、< function_data>、< function_string >
     | ... |
  < output_series_index >、< function_data>、< function_string >
< output_series_index >
データ系列のゼロから始まるインデックスCHD機能の出力が書き込まれる先の。既存のデータを完全に機能の出力で上書きされます。シリーズは関数の入力として使用されていない場合は、ベストプラクティスは、そのシリーズへの単一のダミーの値を割り当てることです。
< function_data >
変数とデータをプロットする。データは、ユーザーが定義するか、のいずれかの範囲であることができるCHDのデータ系列。あなたが使用して、機能ごとに複数の変数を指定することができます。(セミコロン)複数の変数の区切り。あなたは、単一の関数の複数の変数を定義し、これらの変数は点の数が異なる場合には、それが最初のエンドポイントに到達すると、機能が停止することに注意してください。関数は、x = 1〜5の手順1であり、y = 1〜10、ステップ1の両方を定義している場合、それが五点に達したときに、例えば、関数は終了します。< 変数名 >、< input_series_index >

OR 
< 変数名 >、< 開始 >、< 終了 >、< ステップ >
変数名 -変数の任意の文字列名。で定義された関数の中で、これを使用しfunction_string。
input_series_index -のインデックスCHDの入力データとして使用するデータ系列。
開始 -範囲の数値開始値を。
エンド -範囲の数値終了値。
ステップ -から数値ステップ値スタートに終了。正または負になることができますが、ゼロにすることはできません。
例: xは、0,100,1は名前の変数を宣言しxを 100 ...、値が0、1、2を。のx、0,100,1あり、r、0,3.1、0.1は同じ宣言するのx変数を加えた名前の変数rを持つに値0、0.1、0.2、...、3.0、3.1。xは、0が最初のデータを使用して名前の変数Xを宣言CHDのシリーズ。これらの変数は、によって使用されますfunction_string。あなたがそれらを指定しない限り、彼らは、グラフ上にプロットされることはありませんfunction_string。小さ ​​いステップ、滑らかなグラフ。
< function_string >
で書かれたあなたの機能、muParser構文。関数は、指定された変数やデータに適用されるvariable_data。あなただけではない別のパイプで連結されたセットで、このローカル関数セットで宣言された変数を参照することができますchfdパラメータ。要約muParser機能がサポートされていません(最小値、最大値の和、平均)。​​重要:使用することを忘れないでください%2Bの代わりに+をお使いの関数で!

説明
単純な正弦波。注目すべきいくつかのこと:

CHD = T:-1 -私たちのデータがで宣言されているので、私たちは、チャートデータのためのダミー変数を使用chfdパラメータ。
CHCO = FF0000 -レッドは、最初のシリーズのために指定されています。私たちはデータを使用していないにもかかわらず、CHD、その関数をプロットするために、そのシリーズの対応する色が使用されます。
chfd = 0、X、0,11,0.1、罪(x)の* 50%2B50 -私たちは、0.1ずつインクリメント値が0-11で、Xと呼ばれる、一つの変数を宣言します。それは最初のシリーズの色(FF0000)を取得することを意味最初のシリーズに割り当てられる。のxに適用される関数は、罪(x)は、*私たちは、その関数内で+をエンコードする必要がどのように50 + 50です。注意。
chfdで指定された正弦波
CHT =液晶
CHD = T:-1 
CHCO = FF0000 
chfd = 
0、X、0,11,0.1、罪(x)の* 50%2B50
chxt = xと、yを

//////
重要

//////
重要

//////
cht=lc
chd=t:-1
chco=FF0000
chfd=
  0,x,0,11,0.1,sin(x)*50%2B50
chxt=x,y

//////



この行は、データを使用し、CHDのパラメータ。 CHDデータ上で動作機能。
CHD = T:5,10 
chfd = 0、X、0、X * 4
/////
重要
/////
chd=t:5,10
chfd=0,x,0,x*4
//////

機能と非機能のラインが混在。

色はシリーズの色パラメータで指定されていることに注目してくださいCHCO。

関数の出力上のマーカーの配置に注意してください。データポイントは、以下から計算され、開始、終了、およびステップなので、あなたの範囲は0〜11段階0.1であれば、0点は点1が11の値を持つ点110、まで、のように0.1であり、0である。

そのデータのためのCHDを使っchfd、いずれかを使用して、一つのシリーズ。
CHD = T:
-1 
15,45 
CHCO = 
FF0000,000000 
chfd = 
0、X、0,11,0.1、罪(x)の* 50%の2B50の
chmファイル= 
C、00A5C6,0,110,10 
、00A5C6,0,60 、10

///////
重要
/////
chd=t:
  -1
  15,45
chco=
  FF0000,000000
chfd=
  0,x,0,11,0.1,sin(x)*50%2B50
chm=
  c,00A5C6,0,110,10
  a,00A5C6,0,60,10
//////

二次元で関数を定義するには、使用するLXY、チャートを2ダミーシリーズを割り当て、それぞれに機能を割り当てる。

0、X、0,10,0.1、罪(x)の* 50%2B50 -シリーズ0(x軸値)は0から10までの値でのx、ステップ0.1、および関数sin(Xという名前の変数を持つ)* 50 + 50
0、yは、0,10,0.1、罪(y)の* 50%2B50 -シリーズ0(y軸値)0から10の値を持つという名前の変数yを、0.1に進み、関数sin(xは持って)* 50 + 50
サークル
CHT = LXY 
CHD = T:-1 | -1 
chfd = 
0、X、0,10,0.1、罪(x)の* 50%2B50 | 
1、Y、0,10,0.1、COS(y)の* 50% 2B50

/////
重要
/////
cht=lxy
chd=t:-1|-1
chfd=
  0,x,0,10,0.1,sin(x)*50%2B50|
  1,y,0,10,0.1,cos(y)*50%2B50

/////
chfdのパラメータは、実際に、あなたの創造性を表現させることができます。

     

開いて、チャートの遊び場で一緒にプレイするためにこれらの画像をクリックしてみてください。あなたが夢中になるよ!



トップに戻る

版権所有。

最後の11月27、2013に更新。